実験狸の飼ひ方

衣川義雄, 古谷春吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 毛皮產業としての養狸業 / 1
  • 第一節 養狸業の眞意義 / 1
  • 第二節 歐米に於ける毛皮產業の消長 / 3
  • 第三節 東亞大陸に於ける毛皮資源 / 9
  • 第四節 養狸業の將來 / 20
  • 第五節 有畜農業としての養狸業 / 28
  • 第二章 狸の習性並に種類 / 34
  • 第一節 野生時代に於ける狸の棲息狀況 / 34
  • 第二節 飼育上注意を要する狸の習性 / 37
  • 第三節 狸の種類及び系統 / 40
  • 第四節 優良種狸の具備すべき條件 / 47
  • 第五節 種狸の入手法 / 51
  • 第三章 狸舍並に附屬器具の設計 / 56
  • 第一節 場所の選定 / 56
  • 第二節 狸舍の構造 / 59
  • 第三節 巢箱の作り方 / 75
  • 第四節 給餌器及び給水器 / 79
  • 第四章 狸の飼料 / 81
  • 第一節 狸の食性と飼料との關係 / 81
  • 第二節 飼料の種類及び成分 / 82
  • 第三節 飼料の組成分と狸の榮養との關係 / 89
  • 第五章 蕃殖用狸の飼ひ方 / 100
  • 第一節 蕃殖用狸の飼養原理 / 100
  • 第二節 蕃殖用狸の飼料配合 / 113
  • 第三節 飼料の調理法 / 123
  • 第四節 蕃殖期に於ける飼料配合 / 124
  • 第五節 仔狸の飼料配合 / 128
  • 第六章 毛皮用狸の飼ひ方 / 131
  • 第一節 如何にして優良毛皮を作出するか? / 131
  • 第二節 優良毛皮を作出する條件 / 133
  • 第三節 狸の毛換り過程 / 140
  • 第四節 毛皮用狸の飼ひ方 / 141
  • 第七章 狸の蕃殖 / 144
  • 第一節 種狸の年齡と使用年限 / 145
  • 第二節 狸の蕃殖率 / 145
  • 第三節 血液の更新 / 145
  • 第四節 牝牡の配合 / 146
  • 第五節 發情及び交配 / 147
  • 第六節 姙娠の徵候 / 149
  • 第七節 分娩前後の注意 / 150
  • 第八節 肝腎な產後一週間の注意 / 152
  • 第八章 仔狸の哺育 / 154
  • 第一節 人工哺乳及び假母 / 154
  • 第二節 仔の離乳 / 158
  • 第三節 仔狸の馴致法 / 159
  • 第九章 狸の管理 / 161
  • 第一節 適當なる管理者 / 161
  • 第二節 四季の管理 / 162
  • 第三節 日常の管理 / 165
  • 第十章 狸の衛生 / 167
  • 第一節 狸舍の衛生設備 / 168
  • 第二節 衛生本位の飼ひ方 / 169
  • 第三節 脂肪過多症を起さぬ飼ひ方 / 170
  • 第四節 傳染病の豫防設備と消毒 / 170
  • 第十一章 狸の疾病と其の治療法 / 172
  • 第一節 病狸の發見 / 172
  • 第二節 主なる疾病と其の手當 / 176
  • 第三節 投藥法並に藥量式及び消毒法 / 182
  • 第四節 榮養方面より來る疾病と其の對策 / 183
  • 第十二章 狸の屠殺並に剥皮法 / 187
  • 第一節 屠殺の時期 / 187
  • 第二節 屠殺の方法 / 187
  • 第三節 剥皮法 / 188
  • 第四節 毛皮の張り方 / 188
  • 第五節 毛皮の乾燥 / 189
  • 第六節 副產物の處理 / 189
  • 第十三章 生產仔狸の販賣 / 191
  • 第一節 種狸の相場 / 191
  • 第二節 種狸の販賣法 / 194
  • 第三節 種狸輸送上の注意 / 196
  • 第十四章 副業養狸の收支目論見 / 198
  • 第十五章 養狸業の共同經營 / 204
  • 附錄
  • 副業養狸十二ケ月(虎の卷) / 219

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 実験狸の飼ひ方
著作者等 古谷 春吉
衣川 義雄
書名ヨミ ジッケン タヌキ ノ カイカタ
書名別名 Jikken tanuki no kaikata
出版元 西ケ原刊行会
刊行年月 昭14
ページ数 226p
大きさ 23cm
NCID BA68209815
BA75322396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46055702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想