近世印刷文化史考

島屋政一 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 題辭 土屋耕二
  • 題畫 山中古洞
  • 岸田吟香と日本印刷文化 花園兼定 / 1
  • 日本に於ける洋式活版・鉛活字並に電胎法に關する最初の文献 川田久長 / 11
  • 印刷術の發達と著作權の保護 岩橋東太郞 / 17
  • 直江山城守の印刷業蹟 鈴木淸次郞 / 22
  • 明治維新と活版術 石井硏堂 / 24
  • オフセツト印刷術輸入當時の事情 長谷川泰三 / 25
  • 葛飾北齋の別號 久保田村夫 / 39
  • 印刷文化に於ける日本的特徵 井上吉次郞 / 40
  • 日本に於ける活版術の基礎 / 41
  • 支那人珍重の日本版 澤村幸夫 / 42
  • 錦繪になるまで 川崎人魚洞 / 46
  • 香山常住本 長田富作 / 49
  • 支那新聞硏究の一斷面 原田楝一郞 / 67
  • 讀書漫錄 加藤直士 / 75
  • 江戶初期の開版者天海大僧正 法雲院泰隆 / 78
  • 金澤文庫僞印考 關靖 / 81
  • 五色墨の元祖鳥居淸滿 伊勢勝人 / 95
  • 謄寫版に就て 小泉與吉 / 96
  • 我國洋紙業の創業時代 濱田德太郞 / 97
  • 字體整理の問題 平野岑一 / 117
  • 明治八十年前後の日本 / 123
  • 明治時代大阪の版畫界 長谷川小信 / 124
  • 明治初期の活版見本帖 靑山容三 / 131
  • 寫眞製版今昔物語 川田佐門次 / 142
  • 秀英日淸思ひ出の記 富山幸次郞 / 145
  • 維新關係の貴重圖書 高梨光司 / 156
  • 漱石物の裝幀者橋口五葉 野村傳四 / 161
  • 淨土敎徒が寄與した文化の一面・古活字版の回顧 藤堂祐範 / 171
  • 平版印刷界三十五年 和泉辰次郞 / 179
  • 貞信翁の桂哥計 枚方一五七 / 182
  • 索引 間宮不二雄 / 184
  • ハーゲンクロイツの書誌學 大西利夫 / 188
  • 印刷美術・寫眞工藝の發達と骨董入札の目錄に就て 渡邊虹衣 / 190
  • 聚珍英華 田中敬 / 193
  • 複合構成活版の發明 矢島晴名 / 205
  • 印刷業者に對する希望 成田篤 / 218
  • ポスター漫言 石井嘉七 / 220
  • 雜誌界昔噺 福田良太郞 / 223
  • 國策線に躍る和紙 槇野金次 / 225
  • 明治初期の名古屋の新聞 三浦荒一 / 226
  • 鐵眼版大藏經に就て 淀川菊人 / 231
  • 机上用輕便オフセツト印刷器に就て 山内秀綱 / 232
  • 色刷本雜考 禿氏祐祥 / 233
  • 戰爭と平和と印刷 黑瀧愼三郞 / 238
  • 石版術に於ける初學の問題 / 240
  • 讃岐見世物の廣吿刷に就て 草薙金四郞 / 241
  • 號外雜考 出雲路敬豐 / 255
  • 東洋印刷術史の一節 / 266
  • 『更紗便覽』考 後藤捷一 / 267
  • 大阪に發達せる歌舞伎錦繪に就て 南木芳太郞 / 272
  • 瓦板畫に就て 溝口楳堂 / 275
  • 石炭殼 杉山壽榮男 / 282
  • 本木翁の蘭學熱 / 288
  • H・B製版術輸入當時の回顧 伊東亮次 / 289
  • 江戶、明治、大正、昭和に亘る明朝書體に就て 三谷幸吉 / 292
  • 本邦活版術の始祖本木昌造翁(別刷)塚本市松
  • 佐久間貞一と合田淸・附山本芳翠と黑田淸輝 島屋政一 / 297
  • 高梨光司氏著『稻畑勝太郞君傳』 島屋政一 / 306

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近世印刷文化史考
著作者等 島屋 政一
書名ヨミ キンセイ インサツ ブンカシ コウ
出版元 大阪出版社
刊行年月 昭13
ページ数 308p 図版
大きさ 26cm
全国書誌番号
46050602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想