機能和声法

諸井三郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 全音階的關係に基く和聲法
  • 第一章 主三和音
  • 三科音
  • 主三和音
  • 終止機能
  • 問題第一
  • 第二章 主三和音の連結
  • 四聲作法
  • 和音の配置
  • 聲音進行
  • 連結の規準
  • 問題練習の方法について
  • 問題第二
  • 第三章 主三和音の轉位
  • 轉位の意義及び種類
  • 六の和音の用法
  • 四六の和音の用法
  • 各種の終止形
  • 問題第三
  • 第四章 副三和音
  • 四個の副三和音
  • 副三和音の代理機能
  • 副三和音の用法
  • 副三和音の模倣機能
  • 問題第四
  • 第五章 四和音及び九の和音
  • 七個の四和音
  • 四和音の一般的性質
  • 四和音の位置
  • 四和音の解決
  • 屬九の和音
  • 問題第五
  • 第六章 轉調
  • 轉調の意義
  • 調の親疎關係
  • 轉調の方法
  • 轉調の種類
  • 問題第六
  • 第七章 ディアトニィク轉調
  • 轉調の作用
  • 轉調樂節
  • 間接轉調
  • 問題第七
  • 第二編 半音階的關係に基く和聲法及びエンハルモニィク轉調
  • 第八章 槪論
  • 和聲的半音階性の起り
  • 導音と變化音及び變化和音
  • 絕對的變化和音と相對的變化和音
  • 錯誤對立
  • 第九章 變化和音(一)
  • 變化三和音の種類
  • 變化四和書の種類
  • 各度上の變化和音
  • 第十章 變化和音(二)
  • 各度上の變化和音(續)
  • 主要なる變化和音の用法
  • 複合變化和音
  • 問題第八
  • 第十一章 クロマティク轉調
  • 轉調と回避
  • 轉調の作用
  • 實例
  • 問題第九
  • 第十二章 旋律と和音(非和聲音)
  • 非和聲音の意義と種類
  • 經過音
  • 補助音
  • 繋留音
  • 轉過音
  • 先取音
  • 非和聲音の用法
  • 問題第十
  • 第十三章 エンハルモニィク轉調
  • エンハルモニィク轉換による轉調
  • 和音全體に對するエンハルモニィク轉換
  • 和音の一部に對するエンハルモニィク轉換
  • 問題第十一
  • 第十四章 機能の崩壞(近代和聲の槪觀)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 機能和声法
著作者等 諸井 三郎
書名ヨミ キノウ ワセイホウ
書名別名 Kino waseiho
シリーズ名 作曲法叢書 ; [2]
出版元 古賀書店
刊行年月 昭和17
ページ数 154p
大きさ 26cm
NCID BN12694412
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46036253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想