日本史蹟大系  第5巻

熊田葦城 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 御最後川 (六代御前處刑の地) / 1983
  • 堀川舘址 (源義經住居の地) / 1999
  • 吉野山 (源義經潛匿の地) / 2005
  • 鶴岡若宮 (靜女奏舞の處) / 2026
  • 高舘址 (源義經最期の地) / 2031
  • 白河關 (源賴朝進軍の地) / 2049
  • 阿津賀志山 (西木戶國衡敗戰の地) / 2055
  • 馬取沼 (西木戶國衡戰死の地) / 2064
  • 國分原 (藤原泰衡出陣の地) / 2069
  • 平泉館 (藤原泰衡居館の地) / 2071
  • 陣岡 (源賴朝駐軍の地) / 2079
  • 唐昧棧道 (大河兼任死守の地) / 2089
  • 大藏 (源賴朝幕府開設の地) / 2095
  • 河津舘址 (曾我兄弟出生の地) / 2101
  • 伊東舘址 (曾我兄弟祖父の居城) / 2110
  • 血塚 (河津祐泰絶命の地) / 2116
  • 曾我舘址 (曾我兄弟成長の地) / 2135
  • 最勝院 (大見八幡二兇埋葬の地) / 2142
  • 轟ヶ淵 (千鶴丸沈殺の地) / 2146
  • 伊豆山 (源賴朝夫妻潛伏の地) / 2153
  • 鯉名 (伊東祐親生檎の地) / 2157
  • 箱根權現 (曾我時致敵と對面の處) / 2164
  • 大磯 (遊君虎女居住の地) / 2189
  • 富士裾野 (曾我兄弟復讐の地) / 2209
  • 高麗寺址 (大磯虎女住庵の跡) / 2265
  • 伊豆小山 (源範賴埋骨の地) / 2277
  • 正行寺 (佐々木高綱埋骨の地) / 2281
  • 蓮生庵 (熊谷直實舊棲の地) / 2283
  • 相模川 (源賴朝落馬の地) / 2289
  • 狐ケ崎 (梶原景時一族亡滅の地) / 2292
  • 鳥坂城址 (城資盛籠城の地) / 2314
  • 名越邸址 (比企能員誘殺の地) / 2319
  • 比企ケ谷 (比企一門埋葬の地) / 2324
  • 修善寺 (源賴家遭害の地) / 2329
  • 鶴ケ峯 (畠山重忠戰死の地) / 2341
  • 北條 (北條時政幽居の地) / 2360
  • 和田塚 (和田義盛一族戰歿の地) / 2366
  • 鶴岡八幡宮 (源實朝遭難の地) / 2455

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本史蹟大系
著作者等 熊田 葦城
書名ヨミ ニホン シセキ タイケイ
巻冊次 第5巻
出版元 平凡社
刊行年月 昭和10
ページ数 7冊
大きさ 23cm
NCID BN06241479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47026682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想