岩波講座生物学  第2

岩波書店 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき / 3
  • 一 雌雄性の定義 / 4
  • 二 雌雄異體現象 / 8
  • 一 雌雄性の決定 / 10
  • a 雌雄性決定の時期 / 10
  • イ 受精前の場合 / 10
  • ロ 受精と同時の場合 / 13
  • ハ 受精後の場合 / 13
  • b 雌雄性映定の原因 / 13
  • イ 性染色體 / 14
  • ロ 雌雄性逆轉と性染色體 / 16
  • ハ 伴性遺傳 / 18
  • ニ 多胚發生 / 21
  • ホ 生活環と性染色體 / 22
  • ヘ 遺傳因子平衡說 / 25
  • ト 雌雄量的決定說 / 27
  • チ ハルトマンの說とキャッスルの說 / 34
  • リ 新陳代謝說 / 35
  • ヌ ホルモン說 / 43
  • ル 圈境と雌雌性 / 44
  • オ ボネリア、線蟲其他の雌雄性 / 47
  • ワ 雌雄性決定の現狀 / 52
  • 二 雌雄性の逆轉 / 54
  • a 無脊椎動物 / 55
  • b 魚類及び圓口類 / 57
  • c 兩棲類 / 60
  • d 鳥類 / 67
  • e 哺乳類 / 72
  • 三 雌雄同體現象 / 74
  • a 鄰接的雌雄同體 / 76
  • b 原的雌雄同體 / 79
  • c 偶發性雌雄同體 / 83
  • d 異常的雌雄同體 / 85
  • e 實驗的雌雄同體 / 86
  • 四 擬雌雄同體現象 / 87
  • 一 雌雄嵌合體現象 / 88
  • a 無脊椎動物 / 89
  • イ 自然の例 / 89
  • ロ 實驗的の例 / 93
  • ハ その成因 / 93
  • b 有脊椎動物 / 98
  • イ 自然の例 / 98
  • ロ 實驗的の例 / 100
  • ハ 性ホルモンとの關係 / 101
  • 二 間性現象 / 102
  • イ 接合因子的 / 104
  • ロ 性ホルモンとボネリア雌の影響 / 109
  • ハ 寄生去勢 / 109
  • 五 性ホルモン / 112
  • 一 無脊椎動物 / 113
  • 二 有脊椎動物 / 116
  • a 魚類 / 116
  • b 兩棲類 / 117
  • c 鳥類 / 120
  • d 哺乳類 / 123
  • 六 系統と雌雄性 / 125
  • 參考文獻 / 128
  • 學會、主なる硏究所及び硏究者 / 129
  • 附 圖版一葉(第一圖版、第二圖版)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 岩波講座生物学
著作者等 岩波書店
書名ヨミ イワナミ コウザ セイブツガク
書名別名 Iwanami koza seibutsugaku
巻冊次 第2
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和7-9
版表示 増訂版
ページ数 141冊 (合本13冊)
大きさ 23cm
全国書誌番号
47023354
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想