科学の始め

平田内蔵吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 / 1
  • 古代東方諸國の科學 / 1
  • 科學の始め / 3
  • 古代エジプトの數學と天文學 / 12
  • 古代エジプトの醫學 / 17
  • 古代バビロニアの天文學 / 20
  • 古代バビロニアの數學 / 27
  • 古代バビロニアの醫學 / 28
  • 古代フェニキア文化と科學 / 32
  • 古代ヘブライ文化と科學 / 33
  • 古代ペルシア文化の役割 / 36
  • 古代中國文化と科學 / 37
  • 古代インドの科學 / 47
  • 日本古代文化の立場 / 50
  • 古代ギリシアの科學 / 57
  • 古代ギリシアの國土と文化 / 59
  • タレス(根原への考察) / 71
  • ヘカタイオス(地理學の始め) / 73
  • アナクシマンドロス(無限への考察) / 75
  • ヘラクレイトス(辨證法の萠芽) / 78
  • ギリシアの數學とピュタゴラス學派 / 80
  • キオスのヒプポクラテス(月形の硏究) / 90
  • ピュタゴラス學派の宇宙觀 / 92
  • エレア學派の人人 / 94
  • エムペドクレス / 100
  • アナクサゴラスとデモクリトス / 102
  • ヒプポクラテスとギリシア醫學 / 106
  • ソクラテスと科學精神 / 121
  • プラトンとアカデメイア / 125
  • アリストテレスと逍遙學派 / 138
  • アリストテレスの物理學と動物學 / 145
  • テオプラストスと植物學 / 159
  • ヘラクレイデスと天文學 / 163
  • アレクサンドレイアとローマの科學 / 167
  • アレクサンドレイアの新情勢 / 169
  • エウクレイデスとその幾何學 / 171
  • アルキメデスとその硏究 / 177
  • ペルゲのアポルロニオス(圓錐曲線) / 187
  • エラトステネスとストラボン(その地理學) / 190
  • アリスタルコスと天文學 / 193
  • ヒプパルコスとその學說 / 198
  • ヘロンの發明とその業績 / 201
  • ポセイドニオスとニコマコス / 204
  • プトレマイオスの宇宙像 / 206
  • パプポスおよびディオプァントス / 211
  • アレクサンドレイアとローマの醫學 / 216
  • 博物學と藥物學 / 228
  • ガレノスおよびその學說 / 232
  • ギリシア科學の流れ / 237
  • アラビアの科學とその貢献 / 240
  • 古典科學の性格 / 247
  • 附記(文獻・年表) / 255

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 科学の始め
著作者等 平田 内蔵吉
書名ヨミ カガク ノ ハジメ
書名別名 Kagaku no hajime
シリーズ名 科学史叢書 ; 第4
出版元 山雅房
刊行年月 昭和16
ページ数 266p
大きさ 21cm
NCID BN14504835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46035739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想