鋳物作業全書  第13

大塚誠之, 久富茂直著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第1章 總說 / 1
  • 第1節 檢査の意義 / 1
  • 第2節 檢査の困難性に就て / 6
  • 第3節 檢査法を習熟すべき理由に就て / 8
  • 第2章 檢査法 / 10
  • 第1節 一般檢査法 / 11
  • 第2節 特殊檢査法 / 14
  • 第3章 試驗片檢査 / 16
  • 第1節 機械的試驗 / 16
  • 第1項 抗張試驗 / 16
  • 第2項 曲げ試驗 / 21
  • 第3項 硬度試驗 / 24
  • 第4項 磨耗試驗 / 32
  • 第5項 其の他の試驗 / 40
  • 第2節 顯徵鏡試驗 / 41
  • 第3節 砂の試驗法 / 52
  • 第1項 試驗用鑄物砂搗固機 / 52
  • 第2項 通氣性試驗 / 54
  • 第3項 强度試驗 / 56
  • 第4項 其の他の各種試驗 / 60
  • 第4章 製品檢査 / 68
  • 第1節 鑄鐵品の檢査法例 / 68
  • 第1項 過熱管寄に就て / 68
  • 第2項 檢査順序に就て / 69
  • 第3項 檢査方法 / 70
  • 第2節 靑銅鑄物の檢査法例 / 78
  • 第1項 注水器に就て / 78
  • 第2項 檢査順序に就て / 78
  • 第3項 檢査方法 / 79
  • 第3節 鑄鋼品の檢査法例 / 85
  • 第1項 機關車用動輪軸箱に就て / 85
  • 第2項 檢査順序 / 85
  • 第3項 檢査方法 / 86
  • 第5章 材料及消耗品の檢査 / 88
  • 第1節 主要材料檢査の目的 / 88
  • 第2節 鑄砂類の檢査法 / 89
  • 第3節 型持の檢査法 / 96
  • 第4節 地金類の檢査法 / 98
  • 第5節 鑄物用コークスの檢査法 / 104
  • 第6章 鑄物の缺陷に就て / 108
  • 第1節 缺陷の種類 / 108
  • 第2節 檢査し得る缺陷 / 114
  • 第1項 鑄造の際の故障(缺陷)に就て / 114
  • 第2項 外狀の缺陷に就て / 117
  • 第3項 鑄疵に就て / 122
  • 第3節 檢査し得ざる缺陷 / 126
  • 第1項 檢査し得ざる缺陷とはどんなものか / 126
  • 第2項 鑄巢はどうして發見されるか / 126
  • 第3項 巢の原因 / 127
  • 第7章 木型檢査 / 130
  • 第1節 木型檢査の重要性 / 130
  • 第2節 木型檢査方法 / 131
  • 附錄
  • 日本標凖規格
  • 鐵及鋼炭素分析方法 / 138
  • 鐵及鋼珪素分析方法 / 143
  • 鐵及鋼マンガン分析方法 / 148
  • 鐵及鋼燐分析方法 / 155
  • 鐵及鋼硫黃分析方法 / 163
  • 鑄物用銑鐵 / 170
  • フエロマンガン / 171
  • フエロシリコン / 172
  • シリコマンガン / 173
  • スピーゲル / 174
  • シリコスピーゲル / 175
  • 鑄鐵品 / 176
  • 可鍛鑄鐵品 / 179
  • 鑄鋼品 / 182
  • 靑銅鑄物 / 186
  • 黃銅鑄物 / 189
  • 金屬材料抗張試驗片 / 192
  • 金屬材料抗折試驗片 / 194

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鋳物作業全書
著作者等 久富 茂直
大塚 誠之
書名ヨミ イモノ サギョウ ゼンショ
書名別名 鋳物検査法
巻冊次 第13
出版元 三省堂
刊行年月 昭和17
ページ数 197p
大きさ 22cm
NCID BA42536791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46035037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
鋳物検査法 大塚 誠之, 久富 茂直
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想