相場と計線

高田恒治 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前篇 大川雜記
  • その一 緖言 / 1
  • その二 淀屋五代 / 5
  • 淀屋橋 / 5
  • 若永神社 / 7
  • 大仙寺 / 12
  • 淀屋 / 16
  • 初代淀屋 / 22
  • 二代淀屋 / 23
  • 三代淀屋 / 25
  • 四代淀屋 / 25
  • 五代淀屋 / 27
  • (別記)「相場の神樣」 / 31
  • その三 淀屋闕所と堂島米市 / 35
  • 淀屋の闕所 / 39
  • 北濱米市の堂島移轉 / 47
  • その四 相場の起源とその語原 / 55
  • 相場の語原 / 56
  • 相場の起源 / 59
  • その五 火繩 ひけし 大引 けいせん / 71
  • 火繩 / 72
  • ひけし ひばかり / 78
  • 大引 おひあわせ / 79
  • 罫線 計線 / 87
  • 後篇 最新計線法
  • 第一章 計線の科學性 / 93
  • 第二章 日本計線の第一原理 / 97
  • (別記)「本間宗久小傳」 / 102
  • 第三章 論より證據 / 104
  • 第四章 計線硏究上の心構へ / 108
  • その一 目指すところは天底のみ / 108
  • その二 方式は須らく簡單ならざるべからす / 115
  • 第五章 舊計線の檢討 其一 / 117
  • 第六章 舊計線の檢討 其二 / 124
  • 第七章 舊計線の檢討 其三 / 129
  • 第八章 舊計線の檢討 其四 / 133
  • 第九章 高田計線 / 142
  • (一)新計線 / 142
  • (二)形線 勢線 量線 / 149
  • 第十章 高田の「相場波動の法則」 / 153
  • 第十一章 高田の相場觀測法 / 155
  • 第十二章 陰陽切替足 / 160
  • 第十三章 値の觀測 / 166
  • 第一節 新東株 / 166
  • 第二節 高田のたゝみ足 / 169
  • 第三節 新鐘紡株 / 170
  • 第四節 綜合足 / 172
  • 第五節 ユー・ヱス・スチール株 / 173
  • 第六節 米日爲替 / 174
  • 第十四章 時の觀測 / 175
  • 第十五章 取組の觀測 / 176
  • 第十六章 計線學の樹立 / 178
  • (別記)「故田附將軍の片影」 / 188
  • (別記)「高田足-甲號及乙號」 / 195

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 相場と計線
著作者等 高田 恒治
書名ヨミ ソウバ ト ケイセン
書名別名 Soba to keisen
出版元 大同書院
刊行年月 昭14
ページ数 198p
大きさ 20cm
NCID BA31113060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46062629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想