イランを繞る石油争覇戦

永淵三郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 細川護立 / 1
  • 序にかへて 市河彥太郞 / 3
  • 序文 柳成利 / 5
  • 著者序 永淵三郞 / 7
  • 第一章 世界の强權者石油 / 3
  • 近代文化に於ける石油の重要性
  • 石油の歷史
  • 石油の效用
  • 石油の本質
  • 石油の起源
  • 石油の轉化
  • 世界の產出と消費
  • 第二章 石油支配權爭ひ / 16
  • 二大石油王ロツクフエラー、デターデイング兩人の軋轢
  • 競爭場裡に於ける相互の政策
  • 第三章 イラン南部地方の石油 / 22
  • ルター特許
  • モーガン氏の報吿
  • キタギ・カン將軍の役割
  • ダルシイ特許權の許可
  • 一イラン帝國の加盟
  • 特許權者の構利及び義務
  • 契約條項の曖昧
  • 第一拓殖會社とバクテイアリー石油會社
  • 第四章 英・イ合辦石油會社の創立と英國參與 / 35
  • 英國の致命的重要問題
  • 英國石油補給問題
  • 會社に對し英國の容喙
  • 英・イ石油會社の躍進及び國家的性質
  • 英國の仲裁制限
  • 第五章 英・イ戰爭 / 46
  • イラン國の不平不滿
  • アルミタージユ・スミスの仲裁と假協定
  • イラン政府の所有權回復と調訂の努力
  • 會社の頑迷固陋
  • ダルシイ特許權の取消
  • 取消の原因
  • 英國の辯明
  • イラン法の見地
  • 國際聯盟への依賴
  • ダルシイ特許權の改訂
  • 新協定
  • 第六章 一九三三年五月二十八日の特許 / 72
  • 定期賦課金額
  • 特許期間
  • 輸送方法に關する條文
  • 稅問題
  • 國家開發に對する豫測
  • 第七章 イラクの石油とイラン南部の石油 / 79
  • 二問題の關連
  • 列强の主張
  • トルコ石油會社に對する英國の勢力
  • 大戰中に於ける英國の地位の强化
  • フランスの覺醒
  • アメリカの介入とイラク石油會社の創設
  • 第八章 イラン北部東部並びにサンナンの石油 / 91
  • 第一部 イラン北部の石油
  • 露國石油政策 コクタリア特許
  • コクタリヤに依る爭
  • 特許取消
  • スタンダード石油會社とハリシンクレアの特許
  • 國際外交紛糾
  • 第二部 イラン東部及び東北部の石油實地調査
  • 一九三七年二月四日の特許
  • 特許の槪要
  • 第三部 輪送管構築に關する特許
  • イラン輸送管會社
  • 特許の簡單な審査
  • 第四部 サンナンの石油
  • ケビール・クーリヤン株式會社
  • ロシヤの干涉
  • 佛イ聯合組合
  • 佛イ開拓會社
  • 第九章 石油と近代戰 / 110
  • 戰爭の原動力石油
  • 伊エ紛爭の例
  • 伊太利國家生產
  • 代用品生產
  • 伊太利の供給者
  • イランの石油と伊エ紛爭
  • 有效な通商禁止の可能性
  • 附錄一 / 133
  • 附錄二 / 152
  • 附錄三 / 165
  • 附錄四 / 181

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 イランを繞る石油争覇戦
著作者等 永淵 三郎
書名ヨミ イラン オ メグル セキユ ソウハセン
出版元 天元社
刊行年月 昭和16
ページ数 183p
大きさ 21cm
全国書誌番号
46035041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想