郷土文学読本

相馬御風 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 田家の朝の情趣 / 2
  • 靜かな悅び / 8
  • 春近し / 14
  • 春來りなば(短詩) / 18
  • 春の雪 / 19
  • 紙鳶あげ / 37
  • 雜草の美 / 40
  • 大地の踏み心地 / 44
  • 雜草 / 47
  • 起き上る草木 / 50
  • 春を待ちつつ / 57
  • 春を聽く / 68
  • 「敷島の大和心」の歌 / 74
  • 春祭の頃 / 77
  • 春のうた(短歌) / 82
  • 五月を讃ふ / 83
  • 綠蔭斬髮 / 88
  • 春を惜む / 91
  • 蛙の聲 / 96
  • 足跡(詩) / 106
  • 蛙おつさん / 108
  • 磯邊の小石 / 119
  • 音と沈默 / 123
  • 水の音 / 126
  • 花の開く姿 / 130
  • 朝顏(詩) / 133
  • 獨樂のすわり / 135
  • 山筍とうど / 135
  • 綠蔭閑話 / 139
  • 田園雜興 / 147
  • 夏のうた(短歌) / 158
  • 秋近し / 159
  • 蟲の聲草の姿 / 169
  • こほろぎが鳴いてゐた / 172
  • 山の花 / 180
  • 秋の一日 / 183
  • 明月に對する心 / 194
  • おはやう(詩) / 202
  • 花壇を眺めながら / 203
  • 行人塚 / 207
  • 秋のうた(短歌) / 215
  • 旅の心 / 216
  • ゆく秋(詩) / 228
  • 落葉する頃 / 230
  • また冬が來る / 238
  • じやんけん(詩) / 265
  • 峠のお助け小屋 / 267
  • 冬籠小景 / 273
  • 雪窓雜記 / 278
  • 吹雪(詩) / 283
  • 師走風景 / 287
  • 冬ごもり / 297
  • 雪中快呼 / 303
  • 冬のうた(短歌) / 307
  • 親ごゝろ / 308
  • 愛は死よりも强し / 318
  • 焚火(詩) / 321
  • 最もよく山を眺むる者 / 324
  • 生命力の直感 / 327
  • おもひをのぶるうた(短歌) / 334

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 郷土文学読本
著作者等 相馬 御風
書名ヨミ キョウド ブンガク ドクホン
出版元 実業之日本社
刊行年月 昭13
ページ数 334p 肖像
大きさ 23cm
NCID BN06411488
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46049608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想