魚粉と魚粕

大島幸吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 魚粉、魚粕類の新生面
  • 第二章 我國に於ける魚粕類と其の原料魚の生產狀況 / 27
  • 第三章 世界各國の需給狀況
  • 第四章 魚粉、魚粕の製造法
  • 第五章 魚粉、魚粕の製法の硏究と改良
  • 第六章 魚粕類の成分と品質の相違 / 319
  • 第七章 魚粕類の肥料としての効果と其の將來 / 362
  • 第八章 激增しつゝある飼料向魚粉類の眞價 / 441
  • 第九章 魚粉類食用化の可能性
  • 第十章 蟹殼、蝦殼の新用途と製法の改良
  • 第十一章 魚油の生產、用途、性質、加工法 / 546
  • 第十二章 我國魚粉輸出の增進
  • 第十三章 魚粕、魚粉、魚油の檢查及び分析法 / 639
  • 第十四章 行政及び經營上の機構と其の批判
  • 索引 / 1-14

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 魚粉と魚粕
著作者等 大島 幸吉
書名ヨミ ギョフン ト ギョカス
出版元 丸善
刊行年月 昭13
ページ数 773p
大きさ 23cm
NCID BN11981204
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46050587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想