江戸百夢 : 近世図像学の楽しみ

田中優子 著

何があってもおかしくない「江戸」時代。何が起こっても不思議でない都市「江戸」。それは、アムステルダムも蘇州もソウルも含みこむ場所であり、彫刻、絵画から手拭いまで、百のお多福、蝶、馬が駆け巡り、ベルニーニのエクスタシーもフェルメールの新興市民も全てをるつぼのように内在させていた。それら図像を縦横無尽に読み解く快著。芸術選奨文科大臣賞、サントリー学芸賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大根だって死ねばスター
  • 蝶々だけの宇宙
  • 猿も気からモデル
  • 河原のまいにち
  • 西洋東洋渾然一体
  • 謎の花々
  • お多福をもういちど
  • 猫も踊る世の中
  • 獅子が空を飛ぶ
  • 馬は二つの宇宙を駆けめぐる〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸百夢 : 近世図像学の楽しみ
著作者等 田中 優子
書名ヨミ エド ヒャクム : キンセイ ズゾウガク ノ タノシミ
シリーズ名 ちくま文庫 た58-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.5
ページ数 173p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42699-4
NCID BB02018325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21784024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想