会計学研究

太田哲三 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文 / 1-4
  • 第一篇 序論 / 1-58
  • 一 會計と財務 / 3
  • 二 會計の種類 / 11
  • 三 會計の社會性 / 26
  • 四 貸借對照表の限界 / 41
  • 五 理論會計學に閑却された一面 / 53
  • 第二篇 理論會計 / 59-286
  • 六 會計上の資產 / 61
  • 七 經費分割の原則 / 72
  • 八 會計の對象 / 81
  • 九 會計の目的 / 93
  • 一〇 資本維持諸說 / 108
  • 一一 現金主義と發生主義 / 122
  • 一二 固定資產會計 / 133
  • 一三 固定資產の評價 / 149
  • 一四 資本乎資本財乎 / 172
  • 一五 減價償却法殊に年金法に就て / 184
  • 一六 暖簾の本質とその償却 / 201
  • 一七 負債の評價 / 234
  • 一八 ペイトン及びスチーブンソンの時價評價論 / 241
  • 一九 準備金、積立金の異同 / 259
  • 二〇 債權者保護 / 277
  • 第三篇 簿記 / 287-324
  • 二一 複式簿記の再吟味 / 289
  • 二二 混合勘定に就て / 300
  • 二三 勘定理論上損益勘定の地位 / 307
  • 第四篇 原價計算 / 325-378
  • 二四 原價計算と賣價政策 / 327
  • 二五 消費原料の價格 / 339
  • 二六 特殊計算と總計算との關係 / 354
  • 二七 一般間接費の賦課に就て / 367
  • 第五篇 官廳會計 / 379-430
  • 二八 會計制度としての官廳會計 / 381
  • 二九 國家の營利事業會計 / 393
  • 三〇 官廳會計と減價償却 / 411
  • 第六篇 雜 / 431-498
  • 三一 勞務出資の本質と其の評價 / 433
  • 三二 發起人株及び發起利得 / 451
  • 三三 商法改正要綱中株式會社の計算 / 465
  • 三四 財產計算の重要性 / 485
  • 發表年次表 / 499-500

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 会計学研究
著作者等 太田 哲三
書名ヨミ カイケイガク ケンキュウ
書名別名 Kaikeigaku kenkyu
出版元 高陽書院
刊行年月 昭12
版表示 四版
ページ数 500p
大きさ 22cm
NCID BA69358912
BN10089538
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46047470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想