国体の本義解説叢書  第2

飯島忠夫著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言 / 1
  • 一 上古の儒敎 / 2
  • イ 儒敎の採用 / 2
  • ロ 日本の國體 / 3
  • ハ 推古天皇の憲法と儒敎・佛敎の並立 / 4
  • ニ 大化改新の政治と儒敎 / 8
  • 二 大化改新後平安朝までの儒敎 / 13
  • イ 大化改新後の儒敎 / 13
  • ロ 奈良朝・平安朝の儒敎 / 14
  • ハ 吉備眞備と菅原道眞 / 15
  • ニ 日本書紀と儒敎 / 17
  • 三 鎌倉幕府時代より室町幕府時代までの儒敎 / 18
  • イ 支那に於ける儒敎・佛敎の衝突とその影響 / 18
  • ロ 鎌倉幕府時代の佛敎と神道 / 19
  • ハ 伊勢神道と儒敎 / 20
  • ニ 吉野朝の儒敎 / 22
  • ホ 唯一神道と儒佛二敎 / 23
  • ヘ 支那の明代に於ける儒敎の發達とその影響 / 25
  • ト 足利時代の儒敎と禪僧 / 26
  • 四 德川幕府時代の儒敎 上 / 28
  • イ 德川家康の儒敎興隆 / 28
  • ロ 藤原惺窩と林羅山 / 29
  • ハ 度會延佳の儒敎觀 / 33
  • ニ 山鹿素行 / 34
  • ホ 山崎闇齋とその門下 / 36
  • へ 中江藤樹 / 40
  • ト 熊澤蕃山 / 43
  • チ 伊藤仁齋 / 46
  • 五 德川幕府時代の儒敎 中 / 48
  • イ 德川綱吉の儒敎奬勵 / 48
  • ロ 新井白石 / 50
  • ハ 荻生徂徠とその門下 / 50
  • ニ 室鳩巢・貝原益軒・石田梅巖と儒敎の普及 / 54
  • ホ 儒敎の影響と國學の興起 / 56
  • ヘ 國史の儒敎的硏究とその影響 / 59
  • ト 徂徠學以後の江戶の學風 / 60
  • 六 德川幕府時代の儒敎 下 / 63
  • イ 寬政異學の禁 / 63
  • ロ 考證學とその影響 / 65
  • ハ 德川末期に於ける江戶の學風 / 67
  • ニ 徂徠以後の全國の漢學界 / 68
  • ホ 水戶學の前期・後期 / 69
  • ヘ 會澤正志齋と藤田東湖 / 74
  • ト 賴山陽 / 86
  • チ 學習院の儒敎 / 87
  • リ 洋學の影響 / 88
  • ヌ 儒敎と佛敎との調和 / 92
  • 七 明治維新以後の儒敎 / 94
  • イ 明治維新の皇道思想と儒敎 / 94
  • ロ 憲法と敎育勅語と儒敎 / 99
  • 結語 / 101

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国体の本義解説叢書
著作者等 飯島 忠夫
書名ヨミ コクタイ ノ ホンギ カイセツ ソウショ
書名別名 日本の儒教

Kokutai no hongi kaisetsu sosho
巻冊次 第2
出版元 教学局
刊行年月 昭12
ページ数 102p
大きさ 21cm
NCID BN08789377
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46053414
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
日本の儒教 飯島 忠夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想