人絹織物の海外市況報告

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序論 / 1p
  • 蘭貢市場
  • 一 蘭貢は緬甸の中心市場 / 4p
  • 二 緬甸人と服裝 / 4p
  • 三 氣候と服裝との關係及緬甸人の趣好 / 5p
  • 四 製品と關稅との關係 / 5p
  • 五 緬甸に於ける人絹の有望性 / 6p
  • 六 蘭貢市場の滯貨 / 6p
  • 七 蘭貢市場に於ける印度商の地位 / 7p
  • 印度市場
  • 一 印度市場の二大中心地 / 10p
  • 二 新進なる唐地(Karachi) / 10p
  • 三 印度は綿布の國 / 11p
  • 四 絹及人絹布の住む天地 / 12p
  • 五 印度に於ける人絹布の生產 / 16p
  • 六 現行關稅と人絹布生產の發達 / 18p
  • 七 生產技術の輸出 / 19p
  • 八 現行關稅と財政收入 / 20p
  • 九 現行關稅と人絹布輸入の可能性 / 22p
  • 十 在印日本人商人は語る / 23p
  • イラツク市場
  • 一 イラツク國及イラツク人 / 26p
  • 二 イラツク市場と其の附隨領域 / 28p
  • 三 市場中心としてのバグダツドの構成 / 29p
  • 四 バグダツドベルードと、アレキサンドリヤ、及カイロとの市場關係 / 30p
  • 五 イラツクに於ける絹人絹布の輸入狀况 / 30p
  • 六 日本に對する求償貿易實施後に於ける對日本輪出貿易の實績 / 34p
  • 七 求償率の引上とイラツク物產 / 37p
  • 八 日本公使館設置の急務 / 38p
  • シリア市場
  • 一 シリア共和國とレバノン共和國 / 42p
  • 二 市場中心としてのペイルート / 43p
  • 三 シリア、パレスタイン及トランスジヨルダン間の關稅聯盟組織 / 44p
  • 四 人絹布の輸入關稅 / 45p
  • 五 シリアに於ける人絹布の生產 / 46p
  • 六 シリアに於ける人絹布の輸入狀況 / 48p
  • 七 シリア市場に於ける人絹布の角逐 / 49p
  • 八 シリア共和國とレバノン共和國との關係 / 50p
  • 埃及市場
  • 一 世界最高の人絹布關稅 / 54p
  • 二 埃及政府の本意 / 55p
  • 三 人は遊んで居る事は出來ぬ / 56p
  • 四 埃及に於ける人絹布の生產 / 56p
  • 南阿市場
  • 一 人絹會社としての南阿の概念 / 60p
  • 二 人絹織物の輸入より見たる南阿に於ける日本の地位 / 61p
  • 三 日本製高級人絹の正體 / 63p
  • 四 日本人絹の市價と輪入卸賣業者 / 65p
  • 五 南阿の人絹布關稅 / 66p
  • 六 將來の問題豫想 / 68p
  • 佛領モロツコ市場
  • 一 モロツコの住民 / 72p
  • 二 アルヂヱシラス條約 / 72p
  • 三 モロツコの關稅 / 74p
  • 四 日本とモロツコとの貿易 / 75p
  • 五 人絹布の市况 / 76p
  • 六 モロツコ市場での競爭相手 / 77p
  • 七 起りつゝある日本品に對する惡感情 / 78p
  • 結論
  • 一 吾れ等の課題 / 84p
  • 二 瑕の根絕と加工仕上の改善 / 86p
  • 三 市價の安定と利益性(Profitability)の附與 / 87p
  • 四 値打觀念(Valuation)の缺如 / 88p
  • 五 同志打の默認 / 90p
  • 六 新機構の創設か現機構の改造か / 91p
  • 七 海外諸國の關稅問題 / 93p
  • 八 海外地盤の建設强化 / 94p
  • 九 私見の提供 / 95p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人絹織物の海外市況報告
著作者等 日本絹人絹糸布輸出組合聯合会
書名ヨミ ジンケン オリモノ ノ カイガイ シキョウ ホウコク
出版元 日本絹人絹糸布輸出組合聯合会
刊行年月 昭13
ページ数 97p
大きさ 22cm
NCID BA50684229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46058639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想