トゥマス・モーアとそのユゥトピア

カァル・カウツキー 著 ; 高橋正男 訳

原タイトル: Thomas More und seine Utopie

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 初版 序
  • 再版 序
  • 譯者 序
  • 第一部 ヒューマニズム及び宗敎改革時代
  • 序說 / 1
  • 第一章 資本主義及び近代國家の濫觴 / 6
  • 一 封建制度 / 6
  • 二 都市 / 11
  • 三 世界貿易と絕對政治 / 15
  • 第二章 土地所有 / 34
  • 一 封建的及び資本主義的土地飢渴 / 34
  • 二 プロレタリアート / 40
  • 三 農奴の境遇と商品生產 / 45
  • 四 新貴族の經濟的過剩性 / 48
  • 五 騎士階級 / 51
  • 第三章 敎會 / 56
  • 一 中世に於ける敎會の必然性及び勢力 / 56
  • 二 法王權の勢力基礎 / 70
  • 三 法王の勢威の倒壞 / 79
  • 第四章 ヒューマニズム / 108
  • 一 異敎とカトリック敎 / 108
  • 二 異敎と新敎 / 119
  • 三 無信仰と迷信 / 127
  • 第二部 トゥマス・モーア
  • 第一章 トゥマス・モーアの傳記編者 / 142
  • 一 ウヰリアム・ロゥパー / 142
  • 二 スタブレトン / 147
  • 三 クレセェカァ・モーア及びその他 / 152
  • 四 ロッテルダムのエラスムス / 161
  • 第二章 ヒューマニストとしてのモーア / 183
  • 一 モーアの少年時代 / 183
  • 二 ヒユーマニスト的著述家としてのモーア / 187
  • 三 婦人の硏學に就いてのモーア、彼の敎育學 / 192
  • 四 モーアの藝術及び自然科學に對する關係 / 199
  • 第三章 モーアとカトリック敎 / 204
  • 一 モーアの宗敎性 / 204
  • 二 僧門政治の反對者、モーア / 207
  • 三 モーアの宗敎的寬容 / 216
  • 第四章 政治家としてのモーア / 230
  • 一 十六世紀初頭における英國の政治狀態 / 230
  • 二 君主政主義者及び暴君憎惡者、モーア / 245
  • 三 ロンドン市民社會の代表者、モーア / 250
  • 四 『ユゥトピア』の政治的批判 / 258
  • 五 暴君憎惡者モーア國王に仕ふ / 274
  • 六 ルゥテル敎に對し鬪爭せるモーア / 279
  • 七 王權と確執せるモーア / 288
  • 八 モーアの最後 / 303
  • 第三部 『ユゥトピア』
  • 第一章 經濟學者及び社會主義者としてのモーア / 313
  • 一 モーアの社會主義の根源 / 313
  • 二 『ユゥトピア』の經濟的批評 / 333
  • 三 英國に於ける宗敎改革の經濟的諸傾向 / 351
  • 第二章 『ユゥトピア』の諸版本と飜譯、その構成 / 364
  • 第三章 ユゥトピア人の生產方法 / 382
  • 一 解說 / 382
  • 二 批評 / 401
  • 第四章 ユゥトピア人の家族 / 421
  • 一 解說 / 421
  • 二 批評 / 432
  • 第五章 ユゥトピアに於ける政治、科學及び宗敎 / 444
  • 一 政治 / 444
  • 二 科學 / 450
  • 三 宗敎 / 458
  • 第六章 『ユゥトピア』の目的 / 464

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 トゥマス・モーアとそのユゥトピア
著作者等 Kautsky, Karl
高橋 正男
カァル・カウツキー
書名ヨミ トゥマス モーア ト ソノ ユゥトピア
書名別名 Thomas More und seine Utopie
出版元 聚英閣
刊行年月 昭和3
ページ数 478p
大きさ 19cm
NCID BN0450387X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47031617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想