現代日本史研究

杉山平助 等著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文
  • 社會 杉山平助
  • 現代とは / 2
  • 個人意識 / 12
  • 階級意識 / 30
  • 民族意識 / 36
  • 政治 尾佐竹猛 林茂
  • 憲政の胎生期 / 46
  • 公議輿諭の發生と議會論への成長 / 46
  • 明治政府の成立とその立憲的施設 / 54
  • 憲法制定論の發生 / 63
  • 憲政の陣痛期 / 68
  • 民選議院設立の建白 / 68
  • 立憲制樹立の宣言と素朴的三權分立論の具體化 / 75
  • 政黨の發生 / 81
  • 國憲按と私擬憲法 / 89
  • 武力的反政府行動と國會願望運動の進展 / 100
  • 明治十四年の政變 / 110
  • 政黨の勃興 / 116
  • 伊藤博文の歐行と歐洲に於ける憲法調查 / 122
  • 政府と政黨との相剋と政黨運動の頓挫 / 128
  • 第一次伊藤内閣 / 134
  • 憲法の制定 / 138
  • 外交 信夫淸三郞
  • 維新政府の外交政策 / 146
  • 一 二つの問題 / 146
  • 二 日淸條約 / 149
  • 三 朝鮮開國 / 151
  • 四 朝鮮問題 / 154
  • 五 「此一戰」 / 156
  • 日淸戰爭 / 159
  • 一 淸國の改革 / 159
  • 二 東學黨の亂 / 161
  • 三 戰爭の勃發 / 164
  • 四 三國干涉 / 166
  • 五 戰爭の成果 / 168
  • 日露戰爭 / 170
  • 一 團匪事件 / 170
  • 二 門戶開放主義 / 172
  • 三 日英同盟 / 175
  • 四 日露戰爭 / 178
  • 滿洲問題 / 182
  • 一 經濟團門戶開放 / 182
  • 二 資本の鬪爭 / 184
  • 三 第一吹滿蒙獨立運動 / 188
  • 四 日露の提携 / 191
  • 大戰とその後 / 191
  • 一 參戰外交 / 195
  • 二 二十一ケ條 / 197
  • 三 列國交涉 / 200
  • 四 華府會議 / 204
  • 五 その後 / 206
  • 宗敎 佐木秋夫
  • 宗敎とファシズム / 210
  • 近代日本の宗敎的傳統 / 218
  • 前史 / 218
  • 第一期(明治一年-一七年) / 222
  • 第二期(明治一八年-三八年) / 226
  • 第三期(明治三九年-大正七年) / 229
  • 第四期(大正七年-沼印四年) / 231
  • 現代の諸問題 / 234
  • 哲學・敎育 烏井博郞
  • 哲學並に敎育の囘顧とその方向 / 250
  • 新カント主義より實存哲學 / 251
  • 主流哲學の方向 / 258
  • 明治以後の敎育思想の變遷 / 266
  • 現下の諸問題 / 273
  • 科學 石原純
  • 緖言 / 282
  • 我が國に於ける自然科學の發進とその現狀 / 287
  • 我が國に於ける科學政策 / 293
  • 科學論 / 298
  • 科學的精神の問題 / 305
  • 科學と技術 / 309
  • 科學と戰爭 / 315

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代日本史研究
著作者等 杉山 平助
書名ヨミ ゲンダイ ニホンシ ケンキュウ
出版元 三笠書房
刊行年月 昭13
ページ数 317p
大きさ 23cm
全国書誌番号
46051589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想