史料基督教会史  第1巻

ヨツト・マルクス 著 ; カトリツク思想科学研究所 訳編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 略字解
  • 緖論
  • 一 敎會史の槪念 / 1
  • 二 敎會史の區分 / 4
  • 三 敎會史の史料と補助學 / 7
  • 四 敎會史の編纂方法 / 11
  • 五 敎會史の沿革 / 13
  • 第一時代 初代基督敎
  • 第一期 コンスタンティヌス大帝の基督者保護令(紀元三一三年)に至る迄の迫害時代
  • 槪觀
  • 第一章 基督敎出現當時の世界に於ける宗敎並びに道德狀態
  • 六 ユデア敎の狀態 / 26
  • 七 ローマ帝國内に於ける異敎徒の情勢 / 30
  • 第二章 基督敎の創唱と弘通、ユデア敎及び異敎との衝突
  • 八 基督敎創唱者イエズス・キリスト / 40
  • 九 エルザレムに於ける初代敎會 / 43
  • 一〇 ユデア人會堂より基督敎會の分離、異敎徒の改宗 / 46
  • 一一 異敎者の使徒パウロ / 52
  • 一二 聖ペトロ、ローマ基督敎會の創立 / 57
  • 一三 其他の使徒、使徒の弟子 / 62
  • 一四 基督者迫害の原因とその性質 / 64
  • 一五 基督者迫害の經過 / 69
  • 一六 殉敎の基督敎的意義 / 81
  • 一七 基督敎に對する論駁 / 86
  • 一八 迫害終熄後の基督敎傳播 / 89
  • 第三章 基督敎敎理の沿革、異端
  • 一九 ユデア系邪說 / 98
  • 二〇 グノーシス派 / 100
  • 二一 モナーキア派 / 110
  • 二二 基督敎文學及び神學 / 114
  • 二三 基督敎敎理の展開 / 129
  • 第四章 基督敎會の制度、典禮と宗規
  • 二四 敎會制度の根本形式 / 134
  • 二五 制度の發逹、聖職階級の組織體制 / 139
  • 二六 ローマ司敎の首位權 / 142
  • 二七 洗禮及び堅振禮、異端者洗禮効力に就いての論戰 / 145
  • 二八 贖罪規定、離敎 / 150
  • 二九 拜禮式、祝祭日、復活祭論議 / 155
  • 三〇 基督者生活 / 160
  • 附錄(史料原文)
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 史料基督教会史
著作者等 Marx, Jakob
カトリツク思想科学研究所
ヨツト・マルクス
書名ヨミ シリョウ キリスト キョウカイシ
書名別名 Shiryo kirisuto kyokaishi
巻冊次 第1巻
出版元 カトリック思想・科学研究所
刊行年月 昭和10
ページ数 167, 38, 8p
大きさ 23cm
全国書誌番号
47031227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想