岩村透と近代美術

清見陸郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 少靑年時代 / 1
  • 一 クリスチャン / 3
  • 二 岩村高俊 / 8
  • 三 靑山の學窓 / 14
  • 四 アメリカへ / 20
  • 五 美術修業 / 30
  • 六 歐洲へ / 36
  • 七 異鄕に友を得る / 41
  • 八 パリーと美術家生活 / 47
  • 九 アカデミー・ジュリアン / 53
  • 十 イタリアの旅 / 63
  • 十一 バルビゾン / 70
  • 第二篇 白馬會創立前後 / 79
  • 一 透歸朝前後のわが美術界 / 81
  • 二 母校に敎ふ / 86
  • 三 新しき友だち / 96
  • 四 日淸戰爭--裸體畫問題 / 102
  • 五 天眞道場 / 107
  • 六 芋洗坂 / 114
  • 七 北派對南派 / 118
  • 八 白馬會の結成 / 128
  • 九 美校西洋畫科の開設 / 133
  • 十 岡倉派との提携 / 137
  • 十一 白馬會第一囘展覽會 / 145
  • 十二 「美術評論」の創刊その他 / 151
  • 第三篇 美術學校敎授時代 / 155
  • 一 美術學校騷動--溜池硏究所 / 157
  • 二 美校に入る--美術批評家 / 162
  • 三 歐洲再訪 / 170
  • 四 日本對西洋 / 176
  • 五 「美術新報」の創刊 / 180
  • 六 美術祭 / 187
  • 七 三度目の外遊 / 192
  • 八 ロンドンからパリーへ / 202
  • 九 バルビゾンとヴェニス / 208
  • 十 アテネにて / 216
  • 十一 名講義 / 221
  • 十二 著者の思ひ出 / 226
  • 第四篇 文展以後 / 235
  • 一 文部省美術展覽會 / 237
  • 二 美術家村 / 249
  • 三 新機運 / 252
  • 四 好望な洋畫壇 / 266
  • 五 帝室技藝員--白馬會の解散 / 272
  • 六 「米の飯」 / 277
  • 七 年鑑--小品展覽會-賞美章 / 280
  • 八 國民美術協會の結成 / 285
  • 九 三崎の月--美術週報 / 292
  • 第五篇 晚年 / 299
  • 一 最後の外遊 / 301
  • 二 パリー通信 / 304
  • 三 俗化せるパリー / 316
  • 四 新舊サロン / 322
  • 五 ロンドン所見 / 326
  • 六 故國からの悲報 / 335
  • 七 運命 / 340
  • 八 二科會運動--美校退職 / 345
  • 九 父祖の地を踏む / 350
  • 十 社會對美術--美術學校事件 / 354
  • 十一 終焉 / 360
  • 卷末に誌す(坂井犀水) / 373

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 岩村透と近代美術
著作者等 清見 陸郎
書名ヨミ イワムラ トオル ト キンダイ ビジュツ
出版元 聖文閣
刊行年月 昭12
ページ数 372p
大きさ 20cm
NCID BN12482265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46045197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想