脳の可塑性と記憶

塚原仲晃 著

ほとんど無限の容量を持つ人間の記憶は脳のどこにどのように蓄えられ、長期にわたって保たれるのか。なぜそれを瞬時にして思い出すことができるのか。本書は記憶を蓄える場としてのシナプスの柔軟性に注目し、いまだ神秘に満ちている脳の記憶と学習のメカニズムを生涯探究し続けて、脳研究の歴史に輝かしい足跡を残した著者による先駆的な意義を持つ遺著である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳の可塑性とはなにか
  • 第2章 記憶の座をもとめて
  • 第3章 神経回路はどのようにしてつくられるか
  • 第4章 記憶の分子説とシナプス説
  • 第5章 感覚・運動回路の可塑性
  • 第6章 動物の記憶とヒトの記憶
  • 第7章 三つの記憶システム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳の可塑性と記憶
著作者等 塚原 仲晃
書名ヨミ ノウ ノ カソセイ ト キオク
シリーズ名 岩波現代文庫 G237
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.5
ページ数 216p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600237-4
NCID BB01977319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21779999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想