ともいきの思想

阿部珠理 著

現代日本はエゴをふりかざして他者への配慮を忘れた人たちで溢れている。そんな日本人の心のお手本となるのが、アメリカ中西部に暮らす先住民の「ともいき(共生)の思想」。彼らの聖地が「パワースポット」として浄化を求める世界中の人々の注目を集めているが、大地のエネルギーに育まれた彼らの思想もまた、我々の心に深い癒しと教訓を与えてくれる。フィールドワーク歴20年を超えるアメリカ先住民研究の第一人者が、現地で出会った「聖なる言葉」の数々を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-今日は死ぬにはいい日だ
  • 繋がる
  • 足りることになっている
  • 太鼓が来れば、祭りは始まる
  • 自然から離れると、人の心は固くなる
  • 憎しみを超える
  • そこに美がある
  • 人はそれぞれの歌を持つ
  • もらったものは、あげたとき本当のギフトになる
  • 持つに相応しいものは、自ずとやって来る
  • 畏まる
  • 慮る
  • 天命を知る
  • 伝統を生きる
  • 自分を探す
  • 自分に出会う
  • メディスンマンは知っている
  • 「インディアン風」は好きじゃない
  • 大平原に幻の日本刀を求めて
  • 縁を紡ぐ
  • エピローグ-出会うたびに気づかされる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ともいきの思想
著作者等 阿部 珠理
書名ヨミ トモイキ ノ シソウ : シゼン ト イキル アメリカ センジュウミン ノ セイナル コトバ
書名別名 自然と生きるアメリカ先住民の「聖なる言葉」
シリーズ名 小学館101新書 087
出版元 小学館
刊行年月 2010.6
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-09-825087-5
NCID BB02298651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21781503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想