死者の書 口ぶえ

折口信夫 作折口信夫 作

「したしたした。」雫のつたう暗闇で目覚める「死者」。「おれはまだ、お前を思い続けて居たぞ。」古代を舞台に、折口信夫が織り上げる比類ない言語世界は読む者の肌近く幻惑する。同題をもつ草稿二篇、少年の日の眼差しを瑞瑞しく描く小説第一作「口ぶえ」を併録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死者の書 口ぶえ
著作者等 折口 信夫
書名ヨミ シシャ ノ ショ. クチブエ
書名別名 Shisha no sho. Kuchibue
シリーズ名 岩波文庫 31-186-2
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.5
ページ数 323p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-311862-7
NCID BB01983559
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21781506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想