現代思想新書  第3

原タイトル: Wilhelm Diltheys gesammelte Schriften ⅤⅢ.Band,Weltanschauungslehre Abhandlungen zur Philosophie der Philosophie

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者序文 / 1
  • 一 世界觀の類型-及び形而上學體系に於けるその發展- / 3
  • 緖論 哲學體系間の抗爭について / 3
  • I 生と世界觀 / 8
  • 1 生 / 8
  • 2 生の經驗 / 9
  • 3 生の謎 / 12
  • 4 世界觀の形成法則 / 13
  • 5 世界觀の構造 / 15
  • 6 世界觀の雜多性 / 18
  • II 宗敎・詩・形而上學に於ける世界觀の類型 / 22
  • 1 宗敎的世界觀 / 23
  • 2 詩に於ける世界觀の地位 / 28
  • 3 形而上學に於ける世界觀の類型 / 32
  • III 自然主義 / 43
  • IV 自由の觀念論 / 55
  • V 客觀的觀念論 / 64
  • 二 世界觀と歷史的意識 / 75
  • 第一章 問題 / 75
  • 第一節 各々の人生觀・世界觀の普遍妥當性に對する要求と歷史的意識との間の二律背叛 / 75
  • 第二節 解決方法 / 82
  • 第二章 歷史的並びに心理學的基礎づけ / 86
  • 第一節 歷史的基礎づけ-哲學及び更に人生觀・世界觀一般を對象とする歷史的意識- / 86
  • 第二節 心理學的基礎づけ / 94
  • 第三節 人生觀・世界觀の歷史を把握する方法について / 112
  • 第三章 世界觀・人生觀の形式としての藝術・宗敎・哲學 / 115
  • 第一節 世界觀・人生觀の表現としての藝術 / 115
  • 第二節 宗敎 / 118
  • 第三節 世界觀・人生觀の槪念的叙述としての哲學 / 122
  • 第四章 人生觀・世界觀の發展史 / 143
  • 第一節 原始的段階 / 143
  • 第二節 東方民族 / 150
  • 第三節 地中海民族 / 157
  • I ギリシァ人 / 157
  • II ローマ人の人生觀・世界觀 / 166
  • III 古代クリスト敎藝術 / 169
  • 第四節 近世西歐民族及びその地中海民族との聯結 / 174
  • I 巾世 / 174
  • II カトリック敎の人生觀の限界とルネッサンス / 177
  • III カトリック敎の人生觀の限界と宗敎改革 / 181
  • IV カトリック敎の人生觀・世界觀の限界と文藝等々に於ける新時代ルネッサンスの哲學 / 183
  • V 反對宗敎改革に對する反對運動 / 184
  • 第五節 あらゆる形式の人生觀・世界觀と歷史的意識との間の抗爭の解消 / 186
  • 三 世界觀學のために / 192
  • 一 哲學とは何か? / 192
  • 二 哲學の哲學のために / 200
  • 三 現代文化と哲學 / 223
  • 四 私の哲學の根本思想 / 239
  • 五 私の哲學體系の槪要 / 244
  • 「世界觀學」について-解說に代へて- / 259

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代思想新書
著作者等 Dilthey, Wilhelm
船山 信一
書名ヨミ ゲンダイ シソウ シンショ
書名別名 Wilhelm Diltheys gesammelte Schriften ⅤⅢ.Band,Weltanschauungslehre Abhandlungen zur Philosophie der Philosophie

世界観学 : 哲学の哲学
巻冊次 第3
出版元 三笠書房
刊行年月 昭和15
ページ数 264p
大きさ 20cm
全国書誌番号
47035299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
世界観学 : 哲学の哲学 ディルタイ, 船山 信一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想