議会選挙法

カール・ブラウニアス 著 ; 国政研究会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 選擧法理論に就て / 1
  • 一 槪念決定
  • 二 選擧權の法的性質に關する諸學說
  • 三 選擧權の目的
  • 四 選擧權の構成
  • 選擧義務 / 40
  • 一 理論上の選擧義務
  • 二 實際上の選擧義務
  • 立法府の組織 / 56
  • 一 君主國に於ける二院制
  • 二 共和國に於ける二院制
  • 三 聯邦國家に於ける第二院
  • 四 職能代表制
  • 五 二院制に關する諸見解
  • 六 立法府組織に關する一般的原則
  • 選擧資格 / 114
  • 一 普通平等選擧權の發達及其現狀
  • 二 選擧除斥の根據
  • 三 普通選擧權の政治的作用
  • 被選擧資格 / 136
  • 一 被選擧資格の要件
  • 二 被選資格缺如と兼任不能
  • 三 經濟的保護と被選擧資格
  • 選擧區 / 161
  • 一 選擧區區分
  • 二 投票區
  • 選擧官廰 / 169
  • 選擧官廰構成態樣
  • 選擧人名簿 / 175
  • 選擧人名簿の種類
  • 選擧候補 / 185
  • 一 候補者屆出に關する現法制
  • 二 選擧推薦の受理
  • 三 選擧候補と政黨
  • 四 指名手續
  • 投票手續 / 209
  • 一 祕密投票及公開投票
  • 二 本人に依る投票戓は本人に依らざる投票の種類
  • 三 同時選擧或は期間選擧
  • 多數選擧 / 222
  • イギリスに於ける相對的多數の歷史、フランス及ドイツに於ける絕對的多數の歷史
  • 少數代表 / 234
  • 少數代表の目的及方法
  • 比例選擧 / 238
  • 一 比例選擧の使命及其國法學的是正
  • 二 比例選擧の歷史に就て
  • 三 比例選擧手續
  • 四 比例選擧の缺點と其匡正
  • 五 比例選擧批判
  • 委任の終了
  • 委任消滅の根據
  • 補缺選擧と代理 / 340
  • 補缺選擧、特にイギリス
  • 選擧權の保護と選擧審査權 / 343
  • 一 主觀的選擧權及選擧行爲の保護
  • 二 選擧審査權
  • 選擧費用 / 354
  • 一 官廳の選擧費用
  • 二 政黨の選擧費用
  • 一覽表
  • 諸大國に於ける選擧參加(自一八七一年至一九三〇年) / 43
  • 職能的及經濟的諸政黨 / 70
  • 第二院議員の選擧方法 / 88
  • 兩院の政治的構成 / 89
  • 兩院に於ける舊黨及新黨 / 91
  • 議院の立法期間 / 99
  • 兩院に對する選擧年齡 / 102
  • 兩院に對する選擧人數 / 103
  • 兩院の職業構成に於ける相異 / 106
  • 兩院の議員數 / 107
  • 國民議院の議員數 / 110
  • ドイツ國國會及プロイセン地方議會の職業統計(一九一二年及一九一九年) / 130

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 議会選挙法
著作者等 Braunias, Karl
国政研究会
カール・ブラウニアス
書名ヨミ ギカイ センキョホウ
出版元 国政研究会
刊行年月 昭11
ページ数 365p
大きさ 23cm
全国書誌番号
47034676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想