神への信仰 : 信仰再建

チヤールス・ゴア 著 ; 稲垣陽一郎 訳

原タイトル: Belief in god:reconstruction of belief

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 / 5
  • 第一章 傳統の崩壞(千八百五十年頃)
  • 其諸原因 / 21
  • 最近の諸原因 / 44
  • 根抵よりの再建の必要 / 50
  • 第二章 有望なる再建の要件
  • 合法的並に非合法的の「偏見」 / 72
  • 第三章 神への信抑の根據
  • 可能なるは唯一神敎のみ / 75
  • 信仰の根據 / 79
  • 高等汎神說 / 90
  • 科學は障害にあらず / 92
  • されど哲學的信條の缺點 / 94
  • 提起せられて、然かも答へられざる重要諸問題 / 96
  • 先生的に排斥せらるべからざる啓示の觀念 / 101
  • 超越神に關するプリングル・パチソン博士の所論 / 105
  • 第四章 啓示の問題
  • イスラエルの豫言者主張 / 111
  • 限定せられたる正確なる問題 / 111
  • 啓示の主張の性質と根據 / 116
  • 排除せらるべき誤解 / 121
  • 預言者のメツセージに關する「解明」提示 / 139
  • 預言者のメツセージ承認より生ずる道德的結果 / 151
  • 第五章 豫言者の信仰の内容
  • 本來實際的指導の爲に與へられたるものなれども、智的命題を含む / 154
  • 哲學に對する新論材 / 178
  • 初代に於ける希臘哲學の綜合 / 178
  • 中世に於ける綜合 / 180
  • 今日必要とする綜合-之に到るの道 / 181
  • 第六章 啓示と理智
  • 理性と科學によりて批判せらるべき啓示の論據 / 183
  • 第七章 歷史的宗敎
  • 之は舊約聖書の宗敎に適用し得べけれども、特に新約聖書の宗敎に適用せらる / 230
  • 奇蹟の觀念に對する智的技抗 / 233
  • 歷史的宗敎の危險と其顯著なる利益-其含蓄 / 234
  • 第八章 新約聖書の歷史的價値
  • 批評界に於ける最近の反動-ハルナツク / 245
  • 第九章 批評の偏見
  • 奇跡的のこと並に一般に超自然のことに對する偏見 / 284
  • ルナン / 284
  • 獨逸批評に關するシユワイツァーの槪察 / 286
  • 超自然的宗敎 / 287
  • サンデー博士 / 291
  • 維持すべからざる立場 / 295
  • ビシヨツプ・クライトン(註)
  • 第十章 各種偏見檢討
  • 「奇跡」及び「超自然的」の定義 / 302
  • 第十一章 奇跡に關する歷史的證明
  • 「神經病的說明」 / 331
  • 聖マルコ傳福音書 / 331
  • 「Q」 / 334
  • 增大の傾向 / 336
  • 新約聖書に於ける奇跡の位置 / 336
  • 同時代の帝國に於て / 338
  • 奇跡と道德 / 339
  • 初代敎會に於ける奇跡 / 340
  • 中世に於ける奇跡 / 341
  • 第十二章 結論
  • 本書立證のの槪括 / 369

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 神への信仰 : 信仰再建
著作者等 Gore, Charles
稲垣 陽一郎
チヤールス・ゴア
書名ヨミ カミ エノ シンコウ : シンコウ サイケン
書名別名 Belief in god:reconstruction of belief
出版元 聖公会出版社
刊行年月 昭和10
ページ数 383p
大きさ 19cm
全国書誌番号
47031269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想