計器飛行

ハワード・シー・スターク 著 ; 弘中協 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一部 計器飛行の諸問題
  • 第一章
  • 六自由度 / 1
  • 割合及量の計器に仍る飛行 / 3
  • 第二章
  • 計器盤 / 6
  • 計器の配列 / 6
  • 計器盤の裝着位置 / 9
  • 肉眼の疲勞 / 11
  • 心理的影響 / 12
  • 夜間飛行 / 12
  • 標準設備と訓練 / 13
  • 軍用機 / 13
  • 修理に對する準備 / 14
  • 振動 / 15
  • 第三章
  • スベリー自動操縱裝置 / 16
  • 第四章
  • 盲目着陸 / 19
  • 各種裝置及方法の發明 / 20
  • Guggenheim資金に仍るもの / 20
  • 米園陸軍 / 20
  • Ocker陸軍少佐 / 20
  • スペリーヂヤイロスコープ會社 / 20
  • 商務省 / 21
  • Andre氏及Stark氏の案内燈 / 22
  • 第五章
  • 航空路飛行 / 24
  • ラヂオ送受信機 / 25
  • 權威ある訓練の必要 / 26
  • 第二部 計器飛行法の説明
  • 第六章
  • 計器の明細 / 29
  • 旋廻指示器 / 29
  • 調整 / 29
  • 惡氣流に於ける旋廻計 / 30
  • ボール傾斜計 / 31
  • 風速計 / 32
  • 常用風速 / 32
  • 昇降計 / 34
  • 高度計 / 34
  • 磁氣羅鍼盤 / 36
  • 鈍感な羅鍼盤 / 36
  • 旋廻の影響 / 36
  • 旋廻に仍る羅鍼盤誤差 / 37
  • 推測航法 / 38
  • 偏流 / 38
  • 第七章
  • 各種計器間の關係 / 39
  • 旋廻計と傾斜計 / 39
  • 風速計と昇降計 / 39
  • 水平飛行 / 40
  • 惡氣流 / 40
  • 上昇 / 40
  • 滑降 / 41
  • 昇降計と高度計 / 41
  • 昇降計と回轉計 / 41
  • 羅鍼盤と旋廻計 / 42
  • 第八章
  • 1-2-3の方法と其方法の使用法 / 43
  • 覺え易き事 / 44
  • 確定的規則 / 44
  • 直線水平飛行 / 45
  • 姿勢の回復 / 46
  • 旋廻 / 46
  • 關聯操作 / 47
  • Cross Control / 47
  • 計器の指針が中央から外れた場合 / 49
  • 上昇 / 49
  • 下降 / 50
  • Spira1(渦卷) / 51
  • 上向のSpiral / 51
  • 注意 / 52
  • 下向のSpiral / 52
  • 飛行機が操縱不能に陷る場合 / 53
  • テールスピン(Tail spin) / 55
  • 不安定な飛行機 / 56
  • 盲目離陸 / 56
  • 低速飛行 / 57
  • 一發動機停止の場合 / 57
  • 特異狀況 / 59
  • 上下氣流 / 59
  • 機體逆轉の場合 / 59
  • 衝突 / 60
  • 重要なる注意事項 / 60
  • 第九章
  • 計器に對する訓練 / 62
  • 晴天の練習 / 62
  • 計器の使用 / 63
  • 幌内の操縱練習 / 66
  • 荒天の訓練 / 67
  • 第十章
  • 量の計器 / 68
  • 須式人工水平儀 / 68
  • 轉輪指向器 / 70
  • 轉輪指向器の方位設定方法 / 71
  • 轉輪指向器と羅鍼盤 / 71
  • 旋廻の栞としての轉輪指向器 / 72
  • 第十一章
  • 量の計器に仍る飛行 / 73
  • 直線水平飛行 / 73
  • 旋廻 / 74
  • 上昇若くは下降 / 75
  • 盲目離陸 / 75
  • 第十二章
  • 割合の計器と量の計器の比較對照 / 77
  • 第十三章
  • ラヂオビーコン(無線標識) / 79
  • ラヂオビーム(Beam) / 80
  • 無線信號の聽き分け法 / 80
  • 四半圓(Sector) / 80
  • 局名信號 / 81
  • 靜寂の圓錐即ち無音境(Cone of Silence) / 82
  • 微信號界(Twilight Zone) / 82
  • 夜の影響 / 82
  • 羅鍼盤進路(Compass Course) / 82
  • 兩分線進路(Bisecting Courses) / 82
  • 地圖 / 83
  • 各種異常狀況 / 83
  • 第十四章
  • ラヂオビーコンの使用法 / 86
  • 90度法 / 87
  • 並行法 / 88
  • スターク氏の方法 / 88
  • 代表的一例 / 90
  • 受信信號の强度 / 92
  • 受信機の合調(Tuning) / 93
  • 受信柱 / 95
  • 羅鍼盤 / 95
  • 轉輪指向器 / 96
  • 旋廻 / 96
  • 45度の旋廻 / 98
  • 180度の旋廻 / 98
  • 360度の旋廻 / 98
  • 重要事項 / 99
  • 何れのビームを採るか / 99
  • 發信局へ到達 / 101
  • ラヂオビーコンの重要性 / 101
  • 結論 / 102

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 計器飛行
著作者等 Stark, Howard Cyrus
弘中 協
Stark Howard Cyrus.
ハワード・シー・スターク
書名ヨミ ケイキ ヒコウ
出版元 弘中協
刊行年月 昭和10
ページ数 103p
大きさ 21cm
NCID BA60408352
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47031180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想