生命とは何か

藤田康 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 生命とは何か / 1
  • 第一期 個體の行動に興味を持つて / 4
  • (1) 人と生物との交涉 / 4
  • 動物を馴らす興昧 / 5
  • 習性の觀察 / 7
  • 資源科學 / 10
  • (2) 環境と生物との交涉 / 17
  • 地球上の生物相 / 17
  • 白ネズミの馴練 / 20
  • 第二期 個體の構造に神祕を感じて / 28
  • (1) 解剖學 / 30
  • 破壞 / 30
  • 解剖 / 34
  • 危機 / 38
  • (2) 比較解剖學 / 44
  • 類緣關係の發見 / 46
  • 共通な設計 / 53
  • 花の紋所 / 56
  • (3) 生理學 / 65
  • 部分品の性能 / 66
  • 分析的傾向 / 70
  • 第三期 物理化學發達の影響を受けて / 73
  • (1) 顯微鏡 / 75
  • 視野の圖案 / 75
  • 堅牢無比 / 79
  • 魔力時代 / 82
  • (2) 細胞 / 85
  • 組織學 / 86
  • 細胞の構造 / 88
  • 染色體 / 91
  • 細胞說 / 94
  • (3) 微生物 / 95
  • 微生物の發見 / 96
  • 原生動物 / 100
  • 細菌 / 105
  • (4) 生物體の成分 / 111
  • 生體內の元素 / 113
  • 細胞內の分子 / 116
  • 生理化學 / 123
  • (5) 物質代謝 / 124
  • 成長 / 133
  • エネルギー / 138
  • 生體のエネルギ / 145
  • 動物の酸素呼吸 / 146
  • (6) 代謝形式 / 152
  • 動物の榮養器官 / 154
  • 細胞の廢物處理 / 157
  • 動物形代謝 / 158
  • 光合成 / 160
  • 植物形代謝 / 164
  • 菌形代謝 / 166
  • 第四期 發生に對する關心から / 176
  • (1) 進化論 / 183
  • 生命の誕生 / 186
  • 採集と分類 / 189
  • 個體發生と系統發生 / 195
  • 古生物學 / 199
  • 變異と進化 / 204
  • (2) 世代交番 / 209
  • 減數分裂の後仕末 / 210
  • 核相交番 / 219
  • 統一と秩序 / 228
  • 雌雄 / 232
  • 增殖と變態 / 238
  • 變態と脫皮 / 244
  • 成長と增殖 / 246
  • 造體作用の三型式 / 249
  • (3) 實驗遺傳學 / 250
  • 遺傳と染色體 / 251
  • 雌雄の決定 / 253
  • 性染色體 / 258
  • 染色體の個性 / 261
  • 遺傳の法則 / 264
  • 染色體の組合はせ / 272
  • (4) 實驗發生學 / 276
  • 個體の運命 / 277
  • 個體とは / 280
  • 再生 / 282
  • 共棲 / 285
  • 群體 / 287
  • 第五期 再び個體の行動に就いて / 293
  • (1) 全機性の問題 / 293
  • 個體の本質 / 294
  • 個體の全機性 / 297
  • (2) 生命の本質 / 300

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 生命とは何か
著作者等 藤田 康
書名ヨミ セイメイ トワ ナニカ
書名別名 Seimei towa nanika
シリーズ名 生活科学新書 ; 第18
出版元 羽田書店
刊行年月 昭和17
ページ数 301p
大きさ 19cm
NCID BN10387106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46039521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想