産業統制史論  第3分冊

小島精一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 世界大戰前の英國企業組織 / 1-13
  • 一 解題-第二十世紀初頭の大結合體一覽-獨米との比較
  • 二 英國の結合運動が遲れた主因-英國大結合體とその獨占力
  • 第二章 重工業及び紡績業の企業組織 / 14-59
  • 一 炭坑業の分散狀態-歷史的には有力なカルテルがあつた(ニューカッスル石炭カルテルの槪觀)-その後も屢々計畫は行はれたが失敗した-殊にヱリオットのトラスト案-第十九世紀末から次第に集中化が行はれてきた
  • 二 鐵鋼業の狀勢-鐵鑛石部門の分散-銑鐵部門-鋼鐵業-外國競爭の激化と地方的特化-特化された有力な部門の獨占化(その數例、(1)舶用材部門(2)鍍金板(3)錻力板)-一般に下級カルテル化は普及してゐる-英國に於けるカルテル化とトラスト化との組織上の問題
  • 三 木綿工業の狀勢-組織の一般的傾向は分散的-小、中企業を土臺としたランカシヤの地方的協働組織-特殊の精巧部門の大結合化と獨占化(コーツ縫絲トラスト、ブラッドフォード染色者組合等々々)
  • 四 その他の部門の狀勢-總括
  • 第三章 恐慌期の英國產業 / 60-144
  • 第一 戰後の產業の狀勢-生產指數-貿易指數-貿易の停頓と海外投資-通貨政策の影響-ペイシュの說明
  • 第二 戰前重工業の回顧
  • 第三 戰時中の重工業-その生產狀態と財政成績-勞働者の收入との對比
  • 第四 一九一九-二〇年の轉換期沸騰-價格景氣-社會不安
  • 第五 恐慌の襲來と持續-各方面からの考察
  • 第六 重工業の財政的行き詰り-炭坑業の行き詰りとその主因の檢討-鐡鋼業
  • 第七 機械及び造船業の行き詰り
  • 第八 紡績業の行き詰り
  • 第九 新興の諸部門-主要產業の相對的位置の變化-綜括
  • 第四章 大戰後に於ける主要部門の集中及び獨占化 / 145-178
  • 第一節 重工業及機械製造業 / 145-157
  • 第二節 木綿工業の合理化 / 158-166
  • 第三節 化學工業の獨占化 / 168-172
  • 第四節 石油事業の集中化 / 174-178
  • 第五章 鐵道、電力及び金融業の集中と統制 / 180-216
  • 第一節 交通業の統制 / 180-187
  • 第二節 電力事業の統制 / 188-196
  • 第三節 銀行集中とその統制 / 198-216
  • 第六章 消費組合運動の發展 / 217-225
  • 第七章 英國產業聯盟を中心とする諸種の資本家的產業團體の發展 / 226-238
  • 第八章 勞働組合の發展と產業の統制 / 239-279
  • 第一節 勞働組合の擴大と集中化 / 239-253
  • 第二節 產業統制に於ける勞働組合の意義の發展 / 254-279
  • 第九章 產業統制者としての政府及び議會 / 280-330
  • 第一節 政府の產業政策の發展 / 280-324
  • 第二節 產業政策の主體としての政府及議會の構造上の發展 / 325-330

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 産業統制史論
著作者等 小島 精一
書名ヨミ サンギョウ トウセイシ ロン
巻冊次 第3分冊
出版元 日本評論社
刊行年月 昭和2-3
ページ数 2冊
大きさ 22-23cm
全国書誌番号
46091119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想