『チャタレー夫人の恋人』と身体知 : 精読から生の動きの学びへ

武藤浩史 著

知性と五感をフルに使って「世界中で最も誤解されている古典小説」を、とことん読みこむ。"あたま"と"からだ"の融合から、新しい生の地平を拓こうと挑む、野心的で切実な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生きよ、すっと、そっと、静かに、動け
  • 第2章 『チャタレー夫人の恋人』の現在、作者の人生と仕事と時代
  • 第3章 精読一 時代の悲劇、個人的な悲劇、異性愛と性交のかなたの身体知の学び
  • 第4章 精読二 性交から生の動きへ
  • 最終章 生の動きと身体知教育-体と言葉のコミュニケーションとコミュニティ構築へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『チャタレー夫人の恋人』と身体知 : 精読から生の動きの学びへ
著作者等 武藤 浩史
書名ヨミ チャタレー フジン ノ コイビト ト シンタイチ : セイドク カラ セイ ノ ウゴキ ノ マナビ エ
書名別名 Chatare fujin no koibito to shintaichi
シリーズ名 チャタレー夫人の恋人
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.5
ページ数 302p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-83811-7
NCID BB02180378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21786235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想