臨海荘事件

多々羅四郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 發端 / 5
  • 二 現場の臨檢 / 7
  • 三 管理人太田の陳述 / 17
  • 四 小使中居村二郞の陳述 / 28
  • 五 本野義夫の陳述 / 38
  • 六 大枝登と秋川澄江の陳述 / 53
  • 七 長瀨老刑事の意見 / 64
  • 八 三粒の葡萄 / 75
  • 九 大枝に對する疑 / 86
  • 十 嫌疑濃厚 / 98
  • 十一 鞄の粉失 / 108
  • 十二 大枝の釋放 / 123
  • 十三 摑んだのは何か? / 152
  • 十四 血染のハンカチ / 142
  • 十五 義夫の收監 / 152
  • 十六 近藤醫師の奇禍 / 163
  • 十七 義夫の母 / 171
  • 十八 救ひの手 / 180
  • 十九 長瀨刑事の罷免 / 191
  • 二十 犯人は何者か / 201
  • 二十一 事件の硏究 / 211
  • 二十二 長瀨刑事の奧利根紀行 / 222
  • 二十三 中居の指紋 / 236
  • 二十四 相澤銀五郞 / 247
  • 二十五 相澤銀五郞は八年前に死んでゐる / 257
  • 二十六 近藤醫師の話 / 268

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 臨海荘事件
著作者等 多々羅 四郎
書名ヨミ リンカイソウ ジケン
出版元 春秋社
刊行年月 昭11
ページ数 308p
大きさ 20cm
全国書誌番号
46075307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想