満洲建国五年小史

満洲国国務院総務庁情報処 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 滿洲國の建國 / 1
  • 第一節 滿洲事變前の諸狀勢 / 1
  • 第二節 滿洲事變 / 6
  • 第三節 建國運動 / 10
  • 第四節 滿洲國成立 / 16
  • 第五節 建國の意義と建國精神 / 20
  • 第二章 日本の承認と國際聯盟 / 25
  • 第一節 日本の承認 / 25
  • 第二節 日滿議定書の意義 / 32
  • 第三節 國際聯盟 / 35
  • 第四節 我國の對聯盟工作と日本の聯盟脫退 / 40
  • 第三章 政治機構の整備 / 48
  • 第一節 國家組織 / 48
  • 第二節 地方行政の刷新 / 62
  • 第三節 協和會運動 / 72
  • 第四章 帝制樹立と同鑾訓民詔の煥發 / 74
  • 第一節 帝制樹立 / 74
  • 第二節 秩父宮殿下の御來滿 / 81
  • 第三節 皇帝陛下の御訪日 / 83
  • 第四節 囘鑾訓民詔の煥發 / 87
  • 第五章 文敎の振興 / 91
  • 第一節 文敎の槪況 / 91
  • 第二節 學校敎育の改編整備 / 96
  • 第三節 社會敎育の實績 / 100
  • 第四節 宗敎 / 103
  • 第五節 古蹟保存 / 105
  • 第六章 匪禍肅淸と國軍の建設 / 109
  • 第一節 剿匪第一期工作 / 109
  • 第二節 剿匪第二期工作 / 113
  • 第三節 國軍の建設 / 117
  • 第七章 財政の確立 / 121
  • 第一節 豫算 / 121
  • 第二節 地方財政 / 145
  • 第三節 租稅制度 / 149
  • 第四節 關稅制度 / 153
  • 第五節 專賣制度 / 157
  • 第八章 金融の統一 / 162
  • 第一節 幣制の統一 / 162
  • 第二節 滿洲中央銀行と滿洲興業銀行 / 169
  • 第三節 普通銀行の整理改善 / 172
  • 第四節 金融合作社の發展 / 175
  • 第九章 產業開發經濟建設の實績 / 178
  • 第一節 經濟建設綱要 / 178
  • 第二節 產業の開發 / 180
  • 第三節 交通通信の發達 / 193
  • 第四節 日滿經濟ブロツクの强化 / 207
  • 第十章 治外法權の撤廢と對外關係 / 222
  • 第一節 日本の我國に於て有する治外法權及滿鐵附屬地行政權の意義 / 222
  • 第二節 法權撤廢及行政權移讓の趣旨方法 / 227
  • 第三節 我國側の準備 / 232
  • 第四節 一部撤廢條約愈々調印 / 240
  • 第五節 對蘇關係 / 250
  • 第六節 外蒙との關係 / 255
  • 第七節 諸外國との修好 / 257
  • 第十一章 躍進滿洲帝國 / 263
  • 第一節 產業開發將來の展望 / 263
  • 第二節 第二次建設工作に伴ふ產業開發計畫の槪要 / 266

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 満洲建国五年小史
著作者等 満州国総務庁
満洲国国務院総務庁情報処
書名ヨミ マンシュウ ケンコク 5ネン ショウシ
出版元 満洲国国務院総務庁情報処
刊行年月 康徳4
ページ数 272p
大きさ 20cm
全国書誌番号
46073439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 中華人民共和国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想