三重県郷土史

大西源一 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 序說 / 1
  • 二 有史以前の遺跡 / 6
  • 三 神代史と我が鄕土 / 11
  • 四 神武天皇の聖蹟 / 16
  • 五 大神宮の御鎭座 / 20
  • 六 大彥命 及 日本武尊の御征討 / 23
  • 七 三重の采女 / 31
  • 八 皇室の產業御奬勵 / 34
  • 九 上代の豪族 / 38
  • 一〇 國郡の劃定と其の變遷 / 44
  • 一一 國郡衙 及 惣社一の宮 / 51
  • 一二 天武天皇の御巡幸 / 55
  • 一三 鈴鹿山道鈴鹿關 / 59
  • 一四 持統天皇の志摩行幸 / 64
  • 一五 聖武天皇の伊勢行幸 / 70
  • 一六 國分寺の創建 / 75
  • 一七 齋王の御事 / 84
  • 一八 齋宮寮 及 離宮院 / 92
  • 一九 驛路の變遷 / 98
  • 二〇 神領の沿革 / 108
  • 二一 莊園時代 / 118
  • 二二 奈良平安時代の寺々 / 121
  • 二三 伊勢平氏 / 132
  • 二四 日本唯一の伊勢水銀 / 140
  • 二五 伊勢神道 / 150
  • 二六 建武中興と我が鄕土 / 156
  • 二七 吉野朝廷の東藩伊勢北畠氏 / 163
  • 二八 北畠氏を奉ぜる伊勢の勤王家 / 170
  • 二九 忠烈北畠顯家結城宗廣兩卿 / 174
  • 三〇 元勳北畠親房卿 及 顯能卿 / 184
  • 三一 吉野朝の皇胤を奉じて起てる北畠滿雅卿と北山鄕士 / 191
  • 三二 安國寺の建立 / 201
  • 三三 神宮の御式微 / 205
  • 三四 伊勢の御師 / 208
  • 三五 港灣の發達 / 216
  • 三六 城下町から商業都市へ / 224
  • 三七 土倉と座と市と關 / 230
  • 三八 眞盛と眞慧 / 238
  • 三九 伊勢國司北畠氏の末路 / 242
  • 四〇 北勢の三家と織田氏 / 252
  • 四一 織田氏の長島一揆征伐と伊賀攻 / 257
  • 四二 信長死後の織田豐臣二氏と伊勢 / 261
  • 四三 關ヶ原の役と伊勢武士の去就 / 265
  • 四四 津藩祖藤堂高虎 / 270
  • 四五 諸藩の沿革 / 276
  • 四六 諸藩の文敎振興 / 281
  • 四七 山田奉行の治績 / 286
  • 四八 上野 及 龜山の仇討 / 289
  • 四九 開墾治水 及 林政 / 297
  • 五〇 各種產業の發達 / 304
  • 五一 伊勢商人の雄 / 310
  • 五二 學藝の興隆 / 318
  • 五三 出口延佳先生と谷川士淸先生 / 326
  • 五四 鈴の屋大人 / 331
  • 五五 漂流民幸大夫の露國人と村上松浦二氏の蝦夷探檢 / 338
  • 五六 幕末に於ける伊勢志摩の海岸防備 / 346
  • 五七 維新史上の三重縣 / 351
  • 五八 明治の新政 / 355

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 三重県郷土史
著作者等 大西 源一
書名ヨミ ミエケン キョウドシ
出版元 三重県警察部
刊行年月 昭14
ページ数 357p
大きさ 23cm
NCID BN06052884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46073595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想