土壌学通論

松野孝雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論 / 1
  • 第1章 土壤の生成 / 5
  • 第一 理學的風化作用 / 5
  • 一 溫熱の作用 / 5
  • 二 大氣の作用 / 7
  • 三 水の作用 / 8
  • 四 生物の作用 / 13
  • 第二 化學的風化作用 / 16
  • 一 大氣の作用 / 16
  • 二 水の作用 / 17
  • 第三 主要鑛物及岩石の風化 / 19
  • 一 主要鑛物の種類及其風化 / 19
  • 二 主要なる岩石の風化 / 21
  • 第2章 風化産物の移動及堆積 / 26
  • 第一 定積土(原生土) / 26
  • 第二 運積土 / 27
  • 第3章 有機物の分解及集積 / 39
  • 第一 腐植の種類 / 40
  • 第4章 土壤と氣候 / 50
  • 第一節 土壤帶 / 50
  • 第二節 土壤型 / 51
  • 第三節 土層斷面 / 52
  • 第四節 氣候的影響と土壤型 / 56
  • 第五節 土壤系統の區分及命名 / 58
  • 第六節 土壤生成論的分類 / 60
  • 第七節 氣候帶による土壤型の分布 / 63
  • 一 寒帶に於ける偏濕土壤 / 64
  • 二 冷溫帶に於ける偏濕土壤 / 65
  • 三 暖帶に於ける偏濕土壤 / 72
  • 四 熱帶及亞熱帶の偏濕土壤 / 75
  • 五 半乾性及偏乾性土壤 / 80
  • 六 半沙漠及沙漠土壤 / 84
  • 七 鹽類土(鹽土) / 85
  • 八 本邦に於ける土壤型槪要 / 89
  • 第5章 土壤反應 / 91
  • 第一節 水素イオン濃度の概念 / 91
  • 第二節 酸性土壤 / 94
  • 第三節 土壤の緩衝作用 / 102
  • 第四節 土壤中の石灰 / 104
  • 第一 HISSINK-S値(置換性石灰或は吸收的結合石灰) / 104
  • 第二 鹽基飽和度 / 104
  • 第三 土壤石灰必需量 / 106
  • 第五節 土壤反應と植物生育との關係 / 109
  • 第六節 酸性土壤の改良 / 113
  • 第七節 アルカリ土壤 / 115
  • 第一 アルカリ土壤の原因及分布 / 115
  • 第二 アルカリ土壤と植生 / 115
  • 第三 アルカリ土壤の改良法 / 116
  • 第八節 土壤反應の測定 / 117
  • 第6章 土壤物理 / 132
  • 第7章 土壤化學 / 154
  • 第一節 土壤無機成分 / 154
  • 第一 土壤中の固形分 / 154
  • 第二 ガンセン(GANSSEN)分子比 / 157
  • 第三 ハラソヴッツ(HARRASSO-WITZ)風化係數K及B,ki及ba / 159
  • 第四 關氏色素率(Dyestuff ratio) / 160
  • 第五 土壤無機成分 / 161
  • 第二節 土壤中の空氣及水 / 165
  • 第一 土壤空氣 / 165
  • 第二 土壤と水 / 170
  • 第三節 土壤有機物 / 183
  • 第8章 土壤膠質化學 / 191
  • 土壤膠質物 / 191
  • 膠質の一般性狀及機能 / 192
  • 第9章 土壤生物學 / 214
  • 土壤微生物 / 214
  • 土壤細菌
  • 土壤菌類 / 259
  • 土壤放射狀菌 / 263
  • 土壤藻類 / 265
  • 土壤酵母菌 / 267
  • 土壤原生動物 / 268
  • 第10章 土壤榮養物の檢定 / 271
  • (I) 植物法 / 271
  • (II) 微生物法 / 285
  • (III) 溶液法 / 287
  • 第11章 土壤肥沃度 / 290
  • 第12章 土壤分析 / 302
  • 土壤分析法
  • A 土壤の器械的(理學的)分析法 / 302
  • B 土壤の化學的分析法 / 314
  • 第13章 土性調査及作圖 / 334

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 土壌学通論
著作者等 松野 孝雄
書名ヨミ ドジョウガク ツウロン
出版元 明文堂
刊行年月 昭15
版表示 訂再版
ページ数 339, 9p
大きさ 23cm
NCID BA30788673
BA5823299X
BN15156031
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46066543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想