俳句新生への道

西垣卍禅子, 福島農夫男 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき / 1
  • I 西垣卍禪子
  • 序章 俳句本質論の要求 / 1
  • 第一章 生命觀より新俳句問題への進展 / 13
  • 1 新俳句の發生と人生的意義 / 13
  • 2 制作態度 / 18
  • 3 人生の爲の藝術か、藝術の爲の藝術か / 21
  • 4 生活と俳句 / 24
  • 第二章 再び生命觀より新俳句問題への進展 / 29
  • 1 新俳句の妥當性及び自律性 / 34
  • 2 對象に就いて / 38
  • 3 内容價値としての生活希求 / 40
  • 4 新俳句文學 / 43
  • 5 形式形態に就いて / 50
  • 6 根基的リズム / 55
  • 7 感情の具象化について / 61
  • 8 詩に於ける言語 / 67
  • 第三章 産新俳句は生の必然的欲求としての感情を表現する / 74
  • 第四章 「新俳句」に於ける諸問題 / 94
  • 1 生活希求の内在性 / 94
  • 新俳句基礎論にふれて
  • 2 新俳句に於ける流動性 / 98
  • 律問題にふれて
  • 3 新俳句に於ける流動性 / 104
  • 律性に關して
  • 4 民族詩としての俳句 / 110
  • 俳句詩情の限界にふれつゝ
  • 5 自由律俳句より新俳句へ / 114
  • 6 新俳句に於ける俳句性 / 117
  • 本質論にふれつゝ
  • 第五章 批判・展望 / 132
  • 1 俳句と大衆性の問題 / 132
  • 「海紅」の動向をみる
  • 2 生活律餘論(一) / 150
  • 加藤氏の覺書にふれて
  • 3 生活律餘論(二) / 154
  • 特に新俳句の律性
  • 4 形式主義論理のトリツク(一) / 162
  • 偶々「海紅」自由律句にふれて
  • 5 形式主義論理のトリツク(二) / 170
  • 展開なきものは滅ぶ
  • 6 形式主義論理のトリツク(三) / 175
  • 7 形式主義論理のトリツク(四) / 183
  • 俳句の進化について
  • 8 俳句の進化について(一) / 186
  • 9 俳句の進化について(二) / 192
  • 10 俳句の進化にっいて(三) / 199
  • 11 俳句の進化について(四) / 203
  • 12 俳句の進化について(五) / 212
  • 13 生活俳句と新興俳句問題(一) / 217
  • 「新俳句」誌にふれて
  • 14 生活俳句と新興俳句問題(二) / 226
  • 「香魂」詩的精神論要にふれて
  • 15 生活俳句と新興俳句問題(三) / 234
  • 「俳句生活」誌にふれて
  • 16 新興俳句主義と新俳句運動 / 239
  • A 新興定型俳句のよさについて / 239
  • B 芭蕉主義と新興俳句 / 247
  • C 傳統に於ける變革 / 253
  • II 福島農夫男
  • 新俳句小論 / 259
  • 表現に於ける言語 覺書 / 259
  • 意味及び音にふれつゝ
  • 新俳句に於ける表現上の問題(1) / 267
  • リズム論にふれつゝ
  • 新俳句に於ける表現上の問題(2) / 272
  • 俳句と散文 / 276
  • 詩とリズムにふれつゝ
  • 俳句に於けるリアリズムと方法 / 280
  • 散文俳句への省察 / 285
  • 今日の俳詩について / 289
  • 俳句の進展について(1) / 292
  • 俳句の進展つにいて(2) / 296
  • 方法論に於ける形式理論の發展 / 298
  • 今日の俳句に於ける動向 / 302
  • 要求される美の變革
  • 詩に於ける生命性 ノート / 305
  • 主意的方法論について / 308
  • 形式に關する提示 / 312
  • 現代俳句に於ける理念 / 317
  • 史的發展と新生俳句 / 323
  • 跋 / 330
  • 參考書 / 334
  • あとがき / 340

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 俳句新生への道
著作者等 福島 農夫男
西垣 卍禅子
書名ヨミ ハイク シンセイ エノ ミチ
書名別名 Haiku shinsei eno michi
出版元 人間社
刊行年月 昭14
ページ数 343p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46070371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想