人生必ず勝つ

谷口雅春 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき
  • 第一章 生きて生活する哲學 / 1-40
  • 一 獨逸哲學の米國への輸入 / 1
  • 二 フランシス・リーベル博士 / 4
  • 三 『ヘーゲルの哲學的宗敎』 / 6
  • 四 ヘーゲル哲學とクリスチヤン・サイエンスとの接觸 / 17
  • 五 クヰンビーとエデイー夫人 / 20
  • 六 クヰンビー博士の惑病同體論 / 29
  • 第二章 粟粒結核も親の心で治る / 41-73
  • 第三章 日本の世界的使命 / 74-156
  • 一 佛敎は有神論である / 74
  • 二 華嚴經の毘盧遮那佛 / 78
  • 三 佛・耶・神の三敎は斯くて完全に一致する / 79
  • 四 華嚴經に說かれたる蓮華王座 / 82
  • 五 創世記に現れたる宇宙創造 / 89
  • 六 肉體はないと云ふ意味 / 95
  • 七 千人縫は斯う云ふ心持で縫つてあげよ / 98
  • 八 釋迦は『本當の人間』を說いた / 102
  • 九 病氣はどうして治るか / 107
  • 十 日本的基督敎の樹立 / 110
  • 十一 罪を釋す原理は何ぞや / 113
  • 十二 肉體は心の影・環境も心の影である實例 / 119
  • 十三 いざ大日本國の實相を語らん / 128
  • 十四 朝顏の種子の譬によつて理念を學べ / 131
  • 十五 世界包容國としての日本人の衣相 / 135
  • 十六 大無量壽經に現れたる日本の世界的使命 / 142
  • 十七 建築物に現れたる日本精神 / 144
  • 十八 履物に現れたる日本精神 / 147
  • 十九 日本は大乘佛敎相應の地 / 148
  • 二十 日本人の食事の習慣は神の子の生活の象徵 / 149
  • 二十一 日本人の言語の優秀性 / 150
  • 二十二 光明思念聯盟の提唱 / 153
  • 第四章 西歐の沒落と純日本文化の復興 / 157-178
  • 第五章 生命の特殊性と科學精神批判 / 179-206
  • 一 科學の成立する要件 / 179
  • 二 感覺には錯誤はないか / 180
  • 三 天動說も地動說もたゞ觀點の相異 / 182
  • 四 感覺事實は錯誤に非ずして各人異る / 184
  • 五 吾々の見る世界は何か / 185
  • 六 科學主義は大まかな槪算主義 / 189
  • 七 マツクス・プランクの量子論的立場 / 190
  • 八 科學それ自身の中にある矛盾性 / 192
  • 九 科學を兎も角も成立せしめるには / 193
  • 十 舊物理學の破壞 / 194
  • 十一 實驗者の精神エネルギーを測定に入れねば精密科學とは云へぬ / 196
  • 十二 生體實驗に於ては科學の偶然性は一層著しい / 197
  • 十三 科學的醫學に於ける生體實驗に於ては同一の結果が現れないのが科學的だ / 200
  • 十四 グルウイツの發見せるミトゲン線 / 202
  • 第六章 實在・理念・國家・人間 / 207-224
  • 第七章 放つもののみ生きる / 225-238
  • 第八章 眞如を生きる / 239-256
  • 第九章 生命を禮拜する / 257-283
  • 第十章 舊ひとのみち信徒のために / 284-330
  • 『ひとのみち』は人間を本來不完全と觀、生長の家では人間を本來完全だと觀る / 284
  • 『ひとのみち』は神を不完全だと觀、生長の家では神を完全だと觀る / 287
  • 『ひとのみち』は威嚇宗敎、生長の家は威嚇せぬ / 290
  • 『ひとのみち』は不幸の根因を神の創造に歸するが、生長の家では不幸の根因を神に歸せぬ / 293
  • 『ひとのみち』は素朴的實在論、生長の家は超越的實在論 / 294
  • 『ひとのみち』は一時の利益、生長の家は根本救ひ / 302
  • 『ひとのみち』は病氣の原因は敎祖のみ知ると云ひ、生長の家では人類皆知り得ると云ふ / 306
  • 『ひとのみち』は賴んで得る御蔭を說き、生長の家は賴まぬでも旣に與へられてゐる御蔭を說く / 308
  • 『ひとのみち』では肉體も病氣も有ると云ひ、生長の家では肉體も病氣もないと云ふ / 310
  • 金をとるのも暗示療法 / 318
  • 御神宣の種明し / 320
  • すべて病氣の元は『我』が强いから / 322
  • 御神宣を人に見せたら效かぬ理由 / 324
  • 第十一章 八紘一宇の理念が日本民族 / 331-358
  • 第十二章 赤を斯く轉向せしむる光明思想 / 359-414
  • 左翼思想は何處から來る? / 359
  • 舊きに對する漠然たる反感から / 363
  • 聯隊旗の威力 / 365
  • 眞理を追求するのが原因で / 368
  • 生命の意義を探ねて / 373
  • 大生命に觸れて / 374
  • 唯物論の環境に包まれて / 376
  • 時代思潮に乘せられて / 378
  • 實際生活が少年の夢を破つた / 383
  • 米騷動と富豪の私利私慾に憤激して / 383
  • 唯物史觀と唯心史觀 / 393
  • 資本主義機構は唯心所現 / 400
  • 資本の問題 / 405
  • 仇討や戰死は何故尊い / 409
  • 第十三章 世に勝つ原理 / 415-450

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人生必ず勝つ
著作者等 谷口 雅春
書名ヨミ ジンセイ カナラズ カツ
書名別名 Jinsei kanarazu katsu
出版元 光明思想普及会
刊行年月 昭13
ページ数 450p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46059489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想