わが家の生物学

佐藤隼夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 なまこ / 1
  • 再生現象 / 3
  • プラナリア / 4
  • 生理的再生と外傷的再生 / 6
  • 異型形成と同型形成 / 7
  • 勾配說 / 8
  • チャイルド敎授 / 8
  • なまこの骨無し / 8
  • 白海鼠 / 11
  • 大碇海鼠 / 12
  • 夢海鼠 / 13
  • なまことうに / 13-14
  • 二 しろあり / 15
  • 白蟻と普通の蟻との相違 / 17
  • 白蟻の群飛 / 19
  • 昆蟲の社會生活 / 21
  • ヤマトシロアリとイヘシロアリ / 22
  • 白蟻の被害 / 25
  • 白蟻の驅除と豫防 / 27
  • 三 ふた兒 / 31
  • 一卵性ふた兒と二卵性ふた兒 / 33
  • 遺傳と環境 / 40
  • 四 庭 / 46
  • ツタ / 46
  • ヤモリ / 46
  • ヒバ / 47
  • サクラサウ / 47
  • ユリ / 48-50
  • 花の色の遺傳 / 52
  • 生長素 / 56
  • 秋の七草 / 62
  • 五 良子と美智子さんとの會話 / 65
  • ハマダラ蚊 / 68
  • マラリア / 69
  • 三日熱 / 69
  • 四日熱 / 69
  • プラスモディウム / 71
  • 中間宿主 / 72
  • 終局宿主 / 72
  • 人間の赤血球の中に侵入し、これを食ふマラリア病原蟲 / 74
  • 熱帶地方とマラリア / 76
  • ハマダラ蚊の撲滅とメダカ / 76
  • 六 散步 / 79
  • 並木 / 81
  • そめゐよしの / 81
  • 鈴懸の木 / 83
  • 東京市內の街路樹 / 84
  • 菩提樹 / 86
  • マロニエ / 87
  • 飛行蜘蛛 / 89
  • 雪迎へとゴサマ / 91
  • 七 スケート / 95
  • なぜ右廻轉なり左廻轉の方が樂にできるか? / 97
  • 危險信號と安全信號 / 98
  • 十進數と指の數 / 102
  • 十二進數 / 106
  • 五進數 / 106
  • 迷信と科學 / 106
  • 生物學的なものの考へ方 / 107
  • 八 雪の夜 / 109
  • バクテリア / 110
  • 物が腐敗する理由 / 110
  • 滅菌 / 111
  • 中毒 / 111
  • 河豚の毒 / 112
  • 壽命は遺傳するか? / 116
  • 息子の智能は母親の智能に似てゐる / 117
  • 智能と知識 / 118
  • 獲得形質は遺傳しない / 120
  • 細胞學と遺傳現象 / 123
  • 染色體 / 123
  • 人間の染色體 / 124
  • 性染色體 / 125
  • 伴性遺傳 / 135
  • 優曇華 / 138
  • 鶴の巢籠 / 140
  • 電子顯微鏡 / 142
  • 船底附着生物と塗料 / 145
  • 先生の言葉 / 149
  • あとがき / 153

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 わが家の生物学
著作者等 佐藤 隼夫
書名ヨミ ワガヤ ノ セイブツガク
書名別名 Wagaya no seibutsugaku
シリーズ名 生活科学新書 ; 第15
出版元 羽田書店
刊行年月 昭和17
ページ数 157p
大きさ 19cm
NCID BN10386635
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46035132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想