大日本刀剣史  中巻

原田道寛 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 奈良正倉院の御物と劍 / 1
  • 白河院の御劍鵜の丸と土岐の鵜の丸 / 17
  • 土岐の名寶獅子王 / 22
  • 源三位賴政の骨食國吉 / 25
  • 伯耆安綱の名物童子切り(松平の名寶) / 31
  • 鶴ケ岡八幡宮の神寶神劍 / 37
  • 佐々木の綱切と相良の綱切 / 42
  • 秩父神社と畠山重忠の佩刀 / 49
  • 伊豆御山權現の奉納刀曾我兄弟の太刀 / 55
  • 荏原天神の庖丁正宗 / 58
  • 後島羽天皇の菊御作 / 71
  • 愛宕社の神寶篠作(足利氏の重器) / 76
  • 鎌倉前後の武將の佩刀 / 85
  • 承元の御番鍜冶と諸國名工の輩出 / 102
  • 北條氏の注進物と足利氏の可然物 / 112
  • 名工の淵叢地備前長船考 / 119
  • 名工の淵叢地備前備中と一文字の流派 / 124
  • 諸家秘藏の正宗と名工正宗考 / 129
  • 菊池の千本槍 / 146
  • 神劍の蒙塵と後醍醐天皇の三掬の御劍 / 153
  • 護良親王の御佩尻鞘の刀 / 160
  • 神皇正統記と北畠親房の佩刀 / 166
  • 楠正成の佩刀のぞき龍 / 173
  • 新田義貞の戰死とその佩刀 / 179
  • 足利の名器と尊氏の愛刀 / 184
  • 大友の名器骨喰み藤四郞 / 193
  • 名劍阿蘇の螢丸 / 201
  • 大森彥七の佩刀 / 208
  • 兒島三郞高德の佩刀 / 213
  • 長崎勘解由左衞門爲基の佩刀面影の太刀 / 218
  • 雷切、火車切、星切、星月夜 / 222
  • 畠山政長自刄の藥硏藤四郞 / 227
  • 將軍義敎の拔け國吉 / 236
  • 香川の名寶鷹匠切 / 241
  • 尼子の名器荒身國行 / 244
  • 大内重代の五寶劍 / 251
  • 赤松重代の名器大童子と桶丸 / 255
  • 毛利の名器千鳥一文字と荒波一文字 / 260
  • 粟田口吉光の一期一振と鯰尾吉光 / 266
  • 富士淺間神社の神寶信國の一期一振 / 270
  • 日根野備中守の兼常 / 275
  • 北條早雲の佩刀日光一文字 / 283
  • 上杉神社の神寶 / 288
  • 附 上杉謙信遺愛の名刀
  • 謙信の竹脵兼光 / 297
  • 武田重代の名寶と信玄の佩刀 / 303
  • 越前朝倉の倶利伽羅鄕 / 308
  • 淺井長政の一文字と永古坊 / 314
  • 今川重代の名器龍王と義元最後の佩刀 / 319
  • 北國の猛將眞柄の豪刀太郞太刀次郞太刀 / 323
  • 戰國時代武將の佩刀 / 329
  • 佩刀の歷史と制度沿革 / 359
  • 三備工の傳統と一文字の系圖 / 372
  • 福岡一文字系譜 / 394
  • 肥後菊池延壽の系譜 / 404
  • 來の一門中島淡路來の系譜 / 407
  • 帝室御傳來の御物 / 412
  • 帝室の御物籠手切正宗 / 424
  • 平野藤四郞と淸水藤四郞 / 430
  • 諸家所藏の名物正宗 / 435
  • 一色の泥丸と細川の面の薙刀 / 442
  • 織田の名器と信長の愛刀實休光忠 / 447
  • 明智の名物不動國行と光俊の最後 / 454
  • 名物三好鄕と靑木鄕 / 459
  • 大阪御物の名物蜂屋鄕と大鄕 / 462
  • 佐竹の名寶典廐割 / 468
  • 丹羽の名器と名物太郞坊兼光 / 472
  • 熊野本宮の神寶大一文字 / 481
  • 細川重代の名器と大業物の波股 / 484
  • 奧平の名寶大般若長光と白鳥の槍 / 493
  • 前田家の名寶と鳥とまらずの庫 / 498
  • 名器鎺國行と振分髮 / 502
  • 片倉の名器立割眞守 / 511
  • 德川の名器本庄正宗 / 515

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大日本刀剣史
著作者等 原田 道寛
書名ヨミ ダイニホン トウケンシ
巻冊次 中巻
出版元 春秋社
刊行年月 昭13至15
ページ数 2冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
46063500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想