科学史の哲学

下村寅太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 ヨーロツパ的學問の性格(序章) / 3
  • 一 ヨーロッパ的精神の可能性 / 9
  • 一 純粹近世ヨーロッパ / 9
  • 二 近世ヨーロッパ / 12
  • 三 イギリス的哲學者 / 20
  • 二 ヨーロッパ的學問の傳統 / 47
  • 一 プラトニズムの連續性 / 47
  • 二 國家倫理學としての希臘哲學 / 51
  • 三 アカデメイアの性格 / 56
  • 二 精神史に於ける數學の位置 / 69
  • 一 文化體系に於ける學問の位置 / 69
  • 二 精神史としての數學史について / 81
  • 三 數學の形而上學的系譜 / 109
  • 一 ポリスに於ける數學の成立 / 109
  • 普通學の理念
  • 二 近世に於ける幾何學の生成 / 169
  • 空間の數學と形而上學
  • 三 辨證法的世界の數學的形成 / 207
  • 西田哲學の科學哲學への一寄與
  • 四 科學論の方法について / 231
  • 一 科學性の類型 / 231
  • 論證性・實證性・歷史性
  • 二 現代科學の基礎槪念 / 252
  • 物質・時間・空間・因果
  • 三 科學論の方法 / 282
  • 五 現代に於ける人間の槪念 / 323
  • 自然に於ける人間の地位

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 科学史の哲学
著作者等 下村 寅太郎
書名ヨミ カガクシ ノ テツガク
出版元 弘文堂
刊行年月 昭和16
ページ数 344p
大きさ 22cm
NCID BN02493072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46035708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想