フランス史  2

ミシュレ 著 ; 大野一道, 立川孝一 監修

14世紀(フィリップ4世)から15世紀(ルイ11世)まで。神を恐れぬ法曹官僚、金を呑みつくす官僚国家…宮廷が祝祭にあけくれる一方で、底辺からは変革の叫びが上がる。マルセル、ジャクリー、ジャンヌ・ダルク…ミシュレは"民衆"の側から歴史の変化をダイナミックに捉える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フィリップ四世とボニファティウス八世
  • テンプル騎士団の裁判
  • 百年戦争の開始-エティエンヌ・マルセルとジャクリー
  • シャルル六世-狂気の王
  • オルレアン公の暗殺
  • アザンクールの戦い
  • 死の舞踏
  • ジャンヌ・ダルク-オルレアンの解放とランスの戴冠式
  • ジャンヌ・ダルク-裁判と死
  • ブルゴーニュ公国の栄華〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス史
著作者等 Michelet, Jules
大野 一道
真野 倫平
立川 孝一
ミシュレ ジュール
書名ヨミ フランスシ
書名別名 Histoire de France

中世. 下
巻冊次 2
出版元 藤原書店
刊行年月 2010.5
ページ数 465p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89434-744-1
NCID BB01900609
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21773322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中世. 下 立川 孝一, 真野 倫平
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想