支那へ行く知識

後藤朝太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一講 支那へ行く心構へ / 5
  • 一 支那に行くには支那式で / 6
  • 二 支那旅行の要領 / 12
  • 三 旅行豫定の立て方 / 19
  • 四 旅行豫算の立て方 / 26
  • 五 同行者の有無 / 39
  • 六 護照の問題 / 45
  • 第二講 支那へ行く準備 / 49
  • 一 携帶品に就て / 50
  • 二 紹介狀の儀禮 / 67
  • 三 日本人の紹介狀 / 71
  • 第三講 支那へ行く時期 / 77
  • 一 春は南・秋は北 / 78
  • 二 夏期休暇の團體旅行 / 83
  • 三 松の內を上海へ / 86
  • 第四講 大支那の見方 / 91
  • 一 要人名士の訪門 / 92
  • 二 要領のよい視察の仕方 / 96
  • 三 名所舊跡の歷訪 / 105
  • 四 經濟商業の見方 / 115
  • 五 學生生徒の見學 / 125
  • 六 結語 / 136
  • 第五講 食事の知識 / 141
  • 一 飯屋と菜館 / 142
  • 二 宴席の禮儀作法 / 145
  • 三 支那料理の食べ方 / 151
  • 四 掛持宴會の要領 / 156
  • 五 支那遊歷中の招宴 / 160
  • 六 菜館酒樓に上りて / 163
  • 七 隨意小酌・葷素包辧 / 169
  • 八 不老壯陽の料理 / 176
  • 九 寺院の料理を味ふ / 178
  • 一〇 回敎料理 / 185
  • 一一 西域飯館の氣分 / 189
  • 第六講 旅館・交通その他 / 193
  • 一 旅館の選擇 / 194
  • 二 旅社の名稱 / 199
  • 三 支那旅社の設備 / 202
  • 四 支那宿の泊り心地 / 206
  • 五 支那宿の利用 / 209
  • 六 民情理解の門 / 213
  • 七 支那の交通風俗 / 217
  • 八 支那の汽車 / 221
  • 九 汽車の客種 / 227
  • 一〇 並木の道路 / 232
  • 一一 長江に浮ぶ筏 / 236
  • 一二 支那內地の水と船 / 239
  • 一三 交通と治安 / 246
  • 一四 支那內地の交通と旅社 / 251
  • 一五 江南の運河 / 257
  • 一六 運河網 / 260
  • 一七 水鄕の支那旅社 / 265
  • 一八 淅江の乘合自動車 / 270
  • 一九 支那船を恐るゝ日本人 / 274
  • 二〇 支那船の室內氣分 / 279
  • 二一 支那船內の問答 / 283
  • 二三 案內人と通譯 / 288
  • 第七講 忠言一束 / 295
  • 一 會話のコツ / 296
  • 二 不便な郵便 / 300
  • 三 支那の便所 / 303
  • 四 門衞と番兵 / 309
  • 五 支那人は馬賊に非ず / 316
  • 六 無用な心配は止めよ / 321
  • 第八講 重要な視察地順路 / 327

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那へ行く知識
著作者等 後藤 朝太郎
書名ヨミ シナ エ ユク チシキ
出版元 高陽書院
刊行年月 昭14
ページ数 332p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46056593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想