自然科学的世界像

石原純 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一部 現代物理學上の諸成果 / 1
  • アインシュタインの宇宙論と思惟の究極 / 3
  • アインシュタインの理論に對するその後の狀勢 / 29
  • 緖言 / 29
  • アインシュタイン效果 / 31
  • 宇宙論 / 35
  • 場の單一理論及び相對論的量子力學 / 40
  • 宇宙の大きさ / 45
  • 量子論の起原 / 57
  • 緖言 / 57
  • 量子論の由來 / 62
  • 原子理論に於ける量子假說 / 70
  • 量子論に於ける理論的及び實驗的諸發見 / 78
  • 量子論の新發展 / 90
  • 量子力學への理解 / 103
  • 量子力學とは何か / 103
  • 量子現象とその特異性 / 106
  • 量子力學の影響とその效果 / 110
  • 不確定性原理について / 115
  • 原子核の祕密 / 125
  • 原子の機構 / 125
  • 原子核の構成要素 / 128
  • 核物理學 / 132
  • エディントン著『陽子及び電子の相對性理論』 / 137
  • 物理學的世界像 / 145
  • 一 自然科學的世界像の範型としての物理學的世界像 / 145
  • 二 力學的及び電磁的世界像 / 150
  • 三 エネルギー論及び統計力學 / 154
  • 四 相對性理論 / 159
  • 五 量子論 / 165
  • 六 生物學及び心理學との關聯 / 173
  • 第二部 一般的諸問題 / 179
  • 數學に於ける具象性 / 181
  • 「數學と辨證法」の問題 / 193
  • 自然科學に於ける物質槪念 / 203
  • 物質の種類及び原子構造 / 206
  • 質量及び物質不滅の問題 / 211
  • 物質と輻射 / 218
  • 空間的媒質 / 223
  • 自然科學的知識の限界 / 229
  • 自然科學としての醫學 / 239
  • はしがき / 239
  • 心理現象と生理現象 / 240
  • 醫學の方法論 / 247
  • 生命現象の特殊性 / 258
  • 精神現象の特質 / 271
  • 結末 / 281
  • 自然科學のルネッサンス / 283
  • 第三部 認識論に關する問題 / 293
  • 物質と空間時間との必然的關係 / 295
  • 現代物理學に於ける時間空間槪念及び實在の本質 / 309
  • 自然の偶然性 / 335
  • 必然の世界 / 335
  • 偶然の意味 / 337
  • 狀態の客觀性 / 343
  • 不確定性原理 / 348
  • 自然の偶然性の具現 / 351
  • 偶然と必然との關係 / 356
  • 自然の因果性と認識論 / 361
  • 時間の非可逆性について / 369
  • 一 物理的現象と時間 / 369
  • 二 量子現象に關する考察 / 375
  • 三 理論の抽象性と具體的現實 / 380
  • 四 量子現象の觀測と主觀及び客觀の問題 / 387
  • 認識と說明 / 397
  • 物理學上の槪念に對する唯物性の意味について / 407
  • 自然科學の方法としての觀察、實驗等について / 419

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 自然科学的世界像
著作者等 石原 純
書名ヨミ シゼン カガクテキ セカイゾウ
書名別名 Shizen kagakuteki sekaizo
出版元 岩波書店
刊行年月 昭13
ページ数 437p
大きさ 20cm
NCID BN05074236
BN13222984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46055577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想