平等の哲学 : 新しい福祉思想の扉をひらく

竹内章郎 著

一見単純に見えながら、実は多様で奥深い「平等」という難問。「矛盾」の中に進展する平等論を根源的に再検討。真の平等を実現する新たな平等論構築のための理論的枠組みを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 平等はなぜ非難されるのか?
  • 第1章 平等論の深化・拡大-「不平等と一体の平等」論の歴史
  • 第2章 悪平等はなぜ生まれたか-伝統的平等論の意義と問題点
  • 第3章 新たな能力論的平等論と新たな機会平等論
  • 第4章 新たな平等論の展開へ-新現代平等論の構築のために
  • 終章 平等万歳!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平等の哲学 : 新しい福祉思想の扉をひらく
著作者等 竹内 章郎
書名ヨミ ビョウドウ ノ テツガク : アタラシイ フクシ シソウ ノ トビラ オ ヒラク
出版元 大月書店
刊行年月 2010.5
ページ数 246, 13p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-43085-7
NCID BB02127375
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21770709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想