露西亜革命の予言者 : 文芸論集

メレジコーフスキイ 著 ; 山内封介 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • ロシヤ革命の豫言者 (ドストヱーフスキイを記念して)
  • 緖言 二つの面貌 / 11
  • 一 矛盾した正敎觀 / 15
  • 二 神の實體に關する誤謬 / 39
  • 三 宗敎と專制と革命 / 45
  • 四 來るべき宗敎的革命 / 64
  • ドストヱーフスキイ論
  • 一 魅力ある描寫法 / 85
  • 二 超人主義の破滅 / 96
  • 三 科學か宗敎か? / 110
  • イワーヌイチとグレーブ(ウスペンスキイ論)
  • 一 知識階級の進むべき路 / 127
  • 二 豚の背後に隱れた天使 / 132
  • 三 未來そのものの姿 / 134
  • 四 知識階級の祈り / 140
  • 五 眞實は何方に? / 144
  • 六 嗅覺の錯感 / 146
  • 七 奇怪な犯罪感 / 150
  • 八 惡魔の虛僞 / 155
  • 九 厄介な知識階級 / 160
  • 十 苦行主義的キリスト敎の最後 / 165
  • 十一 イワーヌイチとグレーブの結合點 / 169
  • 蒼白ざめた馬(ロープシン論)
  • 一 沈默の中の一言 / 173
  • 二 言葉の美と實行の美 / 177
  • 三 强制の宗敎的意義 / 182
  • 四 キリストの名による殺戮 / 186
  • 五 性と社會との竝行主義 / 194
  • チェーホフとゴーリキイ
  • 一 兩作家の藝術的形式 / 201
  • 二 浮浪者とその形而上學 / 218
  • 三 インテリゲントとその實證論 / 246
  • 猿の手に捉はれて(アンドレーヱフ論)
  • 一 言葉を重寶がる作家 / 283
  • 二 虛僞の下敷になつた眞實 / 291
  • 三 腐爛しゆく肉塊 / 299
  • 四 世界的過失 / 306
  • 五 惡魔の宗敎 / 316
  • 六 ユダの沒落と眞の革命 / 321
  • 七 眞つ裸の赤坊 / 330
  • 人間の心と野獸の心(ルナチヤールスキイ論)
  • 一 無神論者の矛盾 / 335
  • 二 無政府主義と社會主義との鬪爭 / 342
  • 三 個性の滅却と社會性 / 344
  • 四 集團的專制の危險 / 347
  • 五 新たなる宗敎的意識 / 348

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 露西亜革命の予言者 : 文芸論集
著作者等 Merezhkovskii, Dmitrii Sergeevich
山内 封介
メレジコーフスキイ
書名ヨミ ロシア カクメイ ノ ヨゲンシャ : ブンゲイ ロンシュウ
出版元 第一書房
刊行年月 昭和4
ページ数 349p
大きさ 24cm
全国書誌番号
47033558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想