経済学入門 : 「資本論」の方法論的研究

ベレジン 等著 ; マルクス主義経済学研究会 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者序
  • 原著者序文
  • 第一篇 商品および貨幤 / 3
  • 第一課 商品 / 3
  • 第二課 貨幤 / 20
  • 第二篇 資本 / 41
  • 第三課 剩餘價値 / 41
  • 第四課 賃銀 / 60
  • 第五課 資本の蓄積 / 79
  • 第三篇 資本の流通過程 / 97
  • 第六課 資本の流通 / 97
  • 第七課 社會的資本の再生產 / 116
  • 第四篇 全體としての資本主義的生產過程 / 139
  • 第八課 利潤と生產價格 / 139
  • 第九課 商業資本と商業利潤 / 154
  • 第十課 利子附資本 / 166
  • 第十一課 地代 / 186
  • 第十二課 農業に於ける資本主義の發逹 / 200
  • 第十三課 恐慌 / 211
  • 第五篇 帝國主義 / 223
  • 第十四課 資本主義の最高段階としての帝國主義 / 223
  • 第六篇 結論 / 249
  • 第十五課 經濟學の對象および方法 / 249

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学入門 : 「資本論」の方法論的研究
著作者等 Berezin
マルクス主義経済学研究会
マルクス・レーニン主義講義録局
ベレジン
書名ヨミ ケイザイガク ニュウモン : シホンロン ノ ホウホウロンテキ ケンキュウ
書名別名 Keizaigaku nyumon
出版元 中外書房
刊行年月 昭和8
ページ数 285p
大きさ 20cm
NCID BN10415245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47031028
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想