伴奏附唱歌集  独唱篇

東京音楽教育研究会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 君が代 / 2
  • 一月一日 / 4
  • 紀元節 / 8
  • 天長節 / 10
  • 勅語奉答…(あな尊しな) / 14
  • 螢の光 / 16
  • 仰げば尊し / 20
  • 學校紀念日…(わがなつかしき) / 22
  • 學校紀念日…(年をかさねて) / 26
  • 始業式 / 28
  • 終業式 / 32
  • 金剛石 / 34
  • 勅語奉答…(あやにかしこき) / 40
  • 鳩と鳥…(もりの鎭守の) / 44
  • あはれ乙女子(黑きリボンを) / 48
  • 春は今…(風靜かに) / 50
  • 花鳥…(匂へ、匂へ) / 54
  • 良友…(まことしやかに) / 56
  • 哀れの少女…(吹き捲く風は) / 60
  • 雪中の梅…(見よ、降りつむ雪) / 62
  • 湖上の花…(鏡の如く) / 66
  • 故鄕の空…(夕空晴れて) / 68
  • 箱根山…(昔の人の) / 72
  • 待ごゝろ…(こよひ花野の) / 74
  • 君唄へば…(淸きやさしき) / 78
  • 夏は來ぬ…(うの花の) / 80
  • 四季の月…(さきにほふ) / 82
  • 朧月夜…(おぼろに) / 84
  • 千里の道…(千里の) / 86
  • 春の別れ…(惜めど) / 88
  • 故鄕…(わが故鄕の) / 92
  • 岩もる水…(いはもる水) / 94
  • 四季の雨…(花の上に) / 98
  • 大和撫子…(やまとなでしこ) / 100
  • 皇御國…(すめらみくにの) / 104
  • めぐれる車…(めぐれる車) / 106
  • 秋草…(さき殘りたる) / 108
  • 雛鳥…(優しき父母) / 110
  • 漁業の歌…(見涉すかぎり) / 112
  • 汽車の旅…(千車の山坂) / 116
  • 舞踏…(なびかす袖) / 118
  • 織なす錦…(おりなす錦) / 122
  • 都鳥…(くだる小舟の) / 124
  • 旅泊…(磯の火ほそりて) / 128
  • 散步唱歌…(來れや友よ) / 130
  • 婦人從軍歌…(火筒の響) / 134
  • 凱旋…(あなうれし) / 136
  • 飛行機…(み空かけりて) / 140
  • ますらたけを…(我等は如何なる) / 142
  • 松島…(立ち並ぶ) / 146
  • 春の野…(菜種の花に) / 148
  • いくさの跡…(やぶれて殘る) / 152
  • 搖籃歌…(夢になづみて) / 154
  • 海べ山べ…(朝日昇り) / 158
  • 流水の曲…(若草撫でては) / 160
  • 行路難…(前にはそば立つ) / 164
  • 國の聲…(うてや、うてや) / 166
  • 臨終…(やよ顏を見せ) / 170
  • 廣瀨中佐…(旅順の港頭) / 174
  • 君と民と…(君と民と) / 179

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 伴奏附唱歌集
著作者等 東京音楽教育研究会
書名ヨミ バンソウ ツキ ショウカシュウ
巻冊次 独唱篇
出版元 文録社
刊行年月 昭和2
ページ数 2冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
47017062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想