表象と批評 : 映画・アニメーション・漫画

加藤幹郎 著

ヒッチコック、スピルバーグ、アルマー,イーストウッド,新海誠,荒木飛呂彦,楳図かずお。視覚ジャンルを超えて大衆表象を分析する待望の批評集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 眩暈と落下-ヒッチコック『レベッカ』のテクスト分析
  • 第1部 映画(歴史と物語-スペクタクル映画作家スピルバーグ
  • ジャンル、スタジオ、エクスプロイテイション-エドガー・G・アルマー論の余白に
  • ジャンルの歴史の終焉-西部の人、クリント・イーストウッド)
  • 第2部 アニメーション(風景の実存-新海誠アニメーション映画におけるクラウドスケイプ)
  • 第3部 漫画(法外なもの、不均衡なもの、否定的なもの-マニエリスト漫画作家荒木飛呂彦
  • 愛の時間-あるいは漫画はいかにして一般的討議を拒絶するのか
  • プロミネンス、瞳の爆発-楳図漫画の恐怖の受容と表象)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 表象と批評 : 映画・アニメーション・漫画
著作者等 加藤 幹郎
書名ヨミ ヒョウショウ ト ヒヒョウ : エイガ アニメーション マンガ
書名別名 Hyosho to hihyo
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.4
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024502-9
NCID BB01870734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21764678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想