三丹蚕業郷土史

郡是製糸株式会社調査課 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 三丹蠶業鄕土史
  • 序文 郡是製絲株式會社社長 遠藤三郞兵衞
  • はしがき
  • 凡例
  • 第一篇 蠶業搖籃時代 / 1
  • 第一章 蠶神の發祥 / 1
  • 第二章 大和奈良時代 / 6
  • 第一節 我國古來の蠶業 / 6
  • 第二節 大陸蠶業の渡來と山城地方の蠶業 / 6
  • 第三節 綾部の起源とその上代文化 / 8
  • 第三章 平安時代より織豐時代まで / 13
  • 第一節 三丹は屈指の蠶絲國 / 13
  • 第二節 蠶絲業に因みある山城及び三丹の地名 / 16
  • 第三節 蠶絲業の暗黑時代と三丹地方 / 21
  • 第四章 德川時代 / 27
  • 第一節 德川氏の蠶絲政策 / 27
  • 第二節 三丹地方の槪況 / 29
  • 第三節 西陣と丹後の機業 / 51
  • 第四節 生絲及び蠶種輸出と三丹地方 / 62
  • 第五節 地方藩政と蠶絲業 / 64
  • 第六節 蠶絲業に關する古書 / 74
  • 第七節 三丹地方蠶絲業の實際 / 86
  • 第五章 明治時代 / 118
  • 第一節 維新の改革と蠶絲業 / 118
  • 第二節 明治當初十年間の蠶絲業 / 119
  • 第三節 明治初年に於ける三丹地方の蠶絲業 / 124
  • 第四節 明治十年代の蠶絲業 / 136
  • 第五節 明治十年代に於ける三丹地方の蠶絲業 / 143
  • 第二篇 蠶絲業發展時代 / 223
  • 第一章 明治十八年より日淸戰役前までの蠶絲業 / 223
  • 第一節 緖言 / 223
  • 第二節 製絲工業の器械化 / 225
  • 第三節 製絲家の團結と製品の統一 / 228
  • 第二章 日淸戰役と蠶絲業 / 234
  • 第一節 緖言 / 234
  • 第二節 養蠶業の進步 / 234
  • 第三節 製絲業の進步と輸出の增進 / 238
  • 第四節 蠶絲業の發逹を促した各種の施設 / 241
  • 第五節 我國生絲の世界的地位 / 246
  • 第三章 明治十八年より同三十年までの三丹地方の蠶絲業 / 251
  • 第一節 地方蠶絲業者の蹶起と同業組合の組織 / 251
  • 第二節 蠶絲業取締所び各郡組合の活動 / 262
  • 第三節 急速なる蠶絲業の進步とその主因 / 269
  • 第四節 桑作の發逹 / 276
  • 第五節 蠶種と蠶品種 / 309
  • 第六節 飼育法の進步 / 329
  • 第七節 蠶の病蟲害 / 339
  • 第八節 殺蛹、乾燥 / 345
  • 第九節 製絲 / 349
  • 第十節 繭及び生絲の賣買 / 381
  • 第十一節 東國蠶業視察 / 390
  • 第四章 結語 / 392
  • 郷土の蠶神
  • 一 緖言
  • 二 わが國神話上の蠶神
  • 三 わが國歷史上の蠶神
  • 四 佛敎上の蠶神
  • 五 その他の蠶神
  • 六 蠶蟲供養
  • 挿畫
  • 養蠶守護札各種
  • 郷土蠶桑文献
  • 郷土蠶桑文献について
  • 蠶飼仕方申渡書
  • 宮津出版の養蠶秘錄
  • 養蠶淸凉摘要大意
  • 東國蠶業視察記

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 三丹蚕業郷土史
著作者等 郡是製糸株式会社
郡是製糸株式会社調査課
書名ヨミ サンタン サンギョウ キョウドシ
出版元 郡是製糸
刊行年月 昭和8
ページ数 399, 254p
大きさ 23cm
NCID BB19023556
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46091486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想