尺八製作法大全  上巻

上月円山 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 上巻 緖言
  • 吹奏家各位へ
  • 第壹章 竹材 / 1
  • 産地 / 1
  • 竹質 / 2
  • 竹質を一見して見分ける法 / 3
  • 竹掘りに必要な諸道具 / 5
  • 目盛尺 / 5
  • 十割り / 11
  • 十半割り / 11
  • 九半割り / 12
  • 卷き尺 / 13
  • 鍬 / 14
  • 鋸 / 15
  • 竹の掘り方 / 16
  • 竹の油を拔き取る法 / 18
  • 竹の乾し方 / 22
  • 竹材の貯藏法と手當法 / 23
  • 竹喰ひ虫の事 / 24
  • 各部の名稱と寸法定則 / 25
  • 竹の矯め直し方 / 28
  • 最も簡單な矯め直し機と其の作り方 / 29
  • 實用的な矯め直し機と其の作り方 / 32
  • 最も優良なる矯め直し機 / 35
  • 矯め直しの順序 / 36
  • 竹の表裏 / 37
  • 竹の曲りの種々 / 40
  • 矯正部印し付け / 41
  • 火透しの事 / 42
  • 矯め直しに際しての必要な品々 / 44
  • 矯め直し機へ掛ける手法 / 45
  • 矯め直し機の枕と透熱箇所の位置 / 46
  • 透熱部と枕の事 / 49
  • 締め縄の位置 / 51
  • 第貮章 外作り / 52
  • 外作りの順序 / 52
  • 外作り用道具一式 / 53
  • 竹鋸 / 53
  • 螺旋錐 / 57
  • 節拔きヤスリ / 58
  • 平ヤスリ一式 / 59
  • 小道具一式 / 63
  • 舞ひ錐 / 69
  • 廻し錐 / 70
  • 罫引き / 71
  • 砥石 / 72
  • 工作台 / 74
  • マナ板 / 76
  • 枕木 / 77
  • 受木 / 80
  • 四ツ足の台 / 84
  • 不用な部分を除去す / 86
  • 管尾削面 / 88
  • イボの調節 / 89
  • 内部節拔きの事 / 91
  • 定位線と小孔の位置 / 92
  • 小孔の開け方と仕上げ方 / 93
  • 木賊棒の作り方 / 94
  • 中接ぎの尺八 / 96
  • 稽古笛と本笛 / 97
  • 共竹のホゾ並に嵌口の作方に就て / 97
  • 作例 其の一 / 101
  • ヤスリの使ひ方 / 112
  • 竹は枕に / 114
  • 紙ヤスリの事 / 114
  • ホゾの仕上げ / 115
  • 嵌口の作り方 / 118
  • 作例 其の二 / 123
  • 本笛の中接部 / 123
  • ホゾの作法 / 124
  • 麥うるし / 127
  • ホゾの入れ方 / 129
  • 嵌口作法 / 131
  • 短き竹を延す法 / 132
  • 一尺八寸管に於ける六分延長法 / 137
  • 上管の嵌口へ接ぎ足す / 138
  • 糸締めの法 / 141
  • 糸の締め方 / 146
  • 歌口作法 / 154
  • 水牛の角 / 156
  • 水牛の角の挽き方 / 158
  • 水牛板の蓄へ方 / 167
  • 節の母線と子線 / 168
  • 第七節上方の切り方 / 179
  • 水平線と導引線 / 180
  • 表開きの竹 (正面) / 184
  • 表開きの竹 (側面) / 185
  • 左橫開きの竹 (正面) / 186
  • 左橫開きの竹 (側面) / 187
  • 右橫開きの竹 (正面) / 188
  • 右橫開きの竹 (側面) / 189
  • 裏開きの竹 (正面) / 190
  • 裏開きの竹 (側面) / 191
  • 愈々切断に取り掛かる / 192
  • 内面の節を調節する事 / 193
  • 舌面作方 / 196
  • 竹の形と其の名稱 / 203
  • 舌面部の仕上げ / 205
  • 歌口部の彫り方 / 208
  • 歌口部の名稱 / 209
  • 歌口原形盤 / 211
  • 小刀の當て方 / 223
  • 内面の彫り方 / 225
  • 水牛の入れ方 / 231
  • 第參章 管内工作 / 239
  • 漆地 / 241
  • 地の作り方 / 241
  • 地塗り用具と其の使用法 / 246
  • 地塗り桶 / 247
  • 竹箆 / 250
  • 丸箆 / 252
  • 雜巾 / 258
  • 照明器 / 259
  • 地塗り / 261
  • 地塗り用具の位置 / 262
  • 第一回地塗り / 264
  • 内部の形 / 265
  • 第二回地塗り / 268
  • 調律砥石 / 271
  • 砥石を着ける竹の棒 / 272
  • 砥石の良否 / 274
  • 砥石の大きさ / 275
  • 砥石を竹の棒へ着ける / 277
  • 調律に必要な砥石の大小 / 279
  • 三關の定尺 / 284
  • 餘談 / 288
  • 尺八の發音 / 293
  • 製作上意を要する五音 / 294
  • 壁面と壁面線 / 294
  • 管内廣狹狀態 / 295
  • 上管、壁面廣狹圖 / 297
  • 下管、壁面廣狹圖 / 298
  • 接合管内廣狹圖 / 299
  • 七関室定位 / 300
  • 七関室定位圖 / 301
  • 管内容積と線の関係 / 303
  • 音律に及ぼす容積と線の関係 / 305
  • 樂別 / 306
  • 發音の根源 / 307
  • 壁面線と音色及び音量の関係 / 308
  • 屈折と反りの相違 / 311
  • 調律に必要な用具 / 314
  • 調律用具の位置 / 315
  • 地均し / 317
  • 調律 / 319

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 尺八製作法大全
著作者等 上月 円山
書名ヨミ シャクハチ セイサクホウ タイゼン
巻冊次 上巻
出版元 祇園荘円山竹房
刊行年月 昭和8
ページ数 2冊
大きさ 24cm
NCID BN13404438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46093698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想