岩波講座日本歴史  第7

国史研究会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 序論 / 3
  • 第二章 近世畫壇の建設 / 9
  • 一 近世初期の文化と新興の藝術界
  • 二 樣式上より見たる本期流派の分類
  • 第三章 古典藝術の新時代化と現實主義の藝術 / 25
  • 一 新文化の興隆
  • 二 古典主義的新藝術
  • 三 時樣起寫の藝術
  • 第四章 流派の傳統化 / 34
  • 一 文藝の沈滯
  • 二 諸派の分裂とその典型化
  • 第五章 畫壇に於ける主觀主義と客觀主義 / 47
  • 一 興隆せる畫壇
  • 二 主觀主義藝術の發展と支那の畫論
  • 三 優逸せる主觀描寫の藝術
  • 四 客觀描寫と西洋畫及び支那畫の影響
  • 五 客觀描寫と畫壇の革新
  • 第六章 爛熟期の畫壇 / 76
  • 一 文化の爛熟と普及
  • 二 掉尾の光輝
  • 第七章 結辭 / 88

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 岩波講座日本歴史
著作者等 国史研究会
書名ヨミ イワナミ コウザ ニホン レキシ
書名別名 Iwanami koza nihon rekishi
巻冊次 第7
出版元 岩波書店
刊行年月 昭8-10
ページ数 14冊 (合本1冊)
大きさ 22cm
全国書誌番号
46078746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想