橋梁工学  本編

沼田征矢雄 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 總論
  • 第一章 橋梁ノ目的及分類 / 1
  • 第二章 荷重(Load) / 3
  • 1 定義
  • 2 死荷重
  • 3 活荷重
  • 4 撃衝
  • 5 Transversal Load (Wind Load)
  • 6 其他ノ荷重
  • 第三章 許容應力(Allowable Stresses) / 27
  • 許容強度(Allowable Strength)
  • 1 物体ノ破壞、破壞強度
  • 2 安全率、許容強度
  • 第四章 橋梁設計ニ関スル一般原則 / 33
  • 1 応力算定ニ関スル基礎公式
  • 2 仕様書
  • 3 一般的注意
  • 第二篇 各論
  • 第一章 木桁橋(Wooden Beam Bridge) / 40
  • 1 Merits and Demerits, Span
  • 2 弯曲率及剪力ノ算定公式
  • 3 慣性能率及其他ノ断面ニ関スル性質
  • 4 応力強度
  • 5 木桁ノ構造
  • 6 鋪板
  • 7 縦桁
  • 8 床桁
  • 9 主桁
  • 10 方杖及肱木
  • 11 桁枕及枕梁
  • 12 Compound Beam
  • 13 Built Beam
  • 14 木材ノ用法ト材ノ撰擇
  • 15 橋床ノ構造
  • 16 欄干
  • 第二章 I字桁橋(I-Beam Bridge) / 139
  • 1 I字桁
  • 2 一般構造
  • 3 応力計算及材の撰定
  • 第三章 鋼鈑桁橋(Steel Plate Girder Br.) / 147
  • 1 一般構造
  • 2 Morment at Inertia of I-Section
  • 3 Height of Girder
  • 4 Rivet
  • 5 Riveted connection
  • 6 Plate girderニ於ケル応力
  • 7 Web
  • 8 Flange
  • 9 Splice
  • 10 End Bearing
  • 11 Lateral Systems
  • 12 Cross frame or Sway Bracings
  • 13 Effect of Lateral load
  • 14 Camber
  • 第四章 橋床(Bridge Floor) / 255
  • 1 鉄道橋床
  • 2 公道橋床
  • 3 Trough plateノ計算
  • 4 Buckle plateノ計算
  • 第五章 橋脚及橋台 / 272
  • 1 目的及種類
  • 2 Load on pier and abuttment
  • 3 Wooden pile pier
  • 4 Mass concrete pier
  • 5 Frame Work
  • 6 注意事項

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 橋梁工学
著作者等 沼田 征矢雄
書名ヨミ キョウリョウ コウガク
巻冊次 本編
出版元 豊文社出版部
刊行年月 昭和3
ページ数 2冊 (附録共)
大きさ 23cm
全国書誌番号
46085482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想